福山潤は骨折しすぎている?イベントで毎回やっている?

この記事は3分で読めます

多くの作品に出演することで活躍する福山潤さん。

そんな福山潤さんがイベントの度に骨折しているようです。

骨折しすぎて心配する声が多くあがっています。

 

声優としてはもちろん、ナレーターや歌手としても活躍する福山潤さん。

BLACK SHIP株式会社の代表取締役として社長としても活動しています。

社長であっても変わらず人気声優として注目されています。

 

人気声優ランキングの上位に入るほど注目の高い福山潤さん。

そんな福山潤さんがイベントの度に骨折しているようです。

そこで福山潤さんの骨折について、イベント毎に骨折しているのか紹介していきます。

スポンサーリンク


 

福山潤は骨折しすぎている?

声優として数々の作品に出演する福山潤さん。

そんな福山潤さんが骨折しすぎているとして話題となっています。

骨折しすぎとはどのようなことでしょうか。

 

骨折しすぎにより「骨折皇子」として呼ばれるほどの福山潤さん。

調査してみると過去に骨折した経歴がとんでもない骨折歴でした。

 

2013年:左助骨骨折

2014年:右肩骨折

2015年:左足粉砕骨折

2016年:右手骨折を2回、顎関節症

 

毎年どこかしらを骨折していますね。

特に2016年には右手の骨折を2回しており、顎関節症にもなっているほど。

いくらなんでも骨折しすぎですね・・・。

 

骨折歴を見てわかるとおり、骨折しすぎているというのは間違いないですね。

ファンだけでなく、声優陣の方からも「何かに呪われているのでは?」と言わるほど。

取りつかれていても不思議ではないくらいの骨折回数ですね。

 

骨折する原因は?

毎年のように骨折してしまう福山潤さん。

ではどのようにして骨折してしまうのでしょう。

 

福山潤さんはよく身体を鍛えているようで、運動など欠かさずやっています。

ですがそれでも骨折してしまうそう。

鍛えていても骨折はしてしまうんですね。

 

骨折する原因としては福山潤さんの不注意によるものが多いのだそう。

仕事で運動をする際に怪我をしたり、足を滑らせて転倒したりすることがあるようです。

その際の怪我が骨折に繋がっているのです。

 

不注意とはいえど、怪我が骨折に繋がるって相当運の悪いことですね。

「骨折ウイルス」にでもかかっているのではとも言われるほど。

骨折に関するなんらかの呪いでもかかっているのでしょうか。

 

福山潤はイベントで毎回骨折している?


自身の不注意により毎年骨折してしまう福山潤さん。

では骨折してしまう場面が毎回イベントで生じてしまっているのでしょうか。

 

2014年の右肩骨折は『DABA~Memorial Year Party~午年だよ☆ほぼ全員集合!!(2014)』のイベントで生じました。

DABAは福山潤さんと同じ1978年生まれの声優陣によるユニットのこと。

立花慎之介さん、日野聡さん、小野大輔さん、近藤孝行さん、菅沼久義さん、間島淳司さんという豪華声優陣のユニットです。

 

骨折したきっかけはイベント昼の部の登場する際に転倒したことが原因です。

OPの登場につまづいて転倒してしまった福山潤さん。

骨折という激痛に耐えながらも最後までイベントを終えたそう。

 

また、2016年の右手骨折は『福山ッスル!』のスポーツバラエティー番組で起きました。

運動会の企画で様々な競技に参加した福山潤さん。

その中で跳び箱を使った競技に挑戦した際に手のつき方を誤って骨折してしまったそう。

 

イベントでの骨折は2014年と2016年のみでそれ以外の骨折はなんらかの形で骨折してしまったようです。

2015年の左足粉砕骨折は何が原因で起きたものなのでしょうか。

よほど大きな怪我でなければ粉砕骨折にはならないので福山潤さんが心配ですね。

 

まとめ

以上、福山潤さんの骨折について、イベント毎に毎回するのか紹介しました。

・2013年以降毎年のように骨折している

・原因のほとんどが福山潤さん自身によるもの

・イベント毎ではないが、イベント中に起きることも多い

 

毎年のように骨折してしまう福山潤さん。

本当に何かが取りついているのではないかと疑ってしまうレベルですね。

「骨折皇子」として呼ばれてしまうのも無理ないですね。

 

不注意により骨折してしまう福山潤さん。

怪我に注意して過ごして欲しいものですね。

福山潤さんの安全祈願を祈って応援していきましょう!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。