犬を飼う前に知ってほしい心構えとは・・・犬をこれから飼うか迷っている人へ!

この記事は2分で読めます

 

 

こんばんは、のりです。

さて、今回は犬をこれから飼うか迷っている人に伝えたい

犬を飼う前に知ってほしい心構え

 

について書いていこうと思います。

 

皆さんは「犬を飼いたい!」 「ペットが欲しい!」

と思ったことはありますよね。

私も過去にそう思い、約10年以上愛犬と生活を共にしています。

(トップの画像は我が家の愛犬「コロ」です(笑)

 

ですが、犬を飼いたいと思っていても、いざ飼う・・・となるとかなり大変なイメージがありますよね。

毎日の散歩や食費、病院などの費用、部屋を散らかされた後の片付け、夜鳴きなどなど

自分がその立場に置かれたらどうだろう・・・と考えると悩みますよね。

だからこそ、飼ってからの後悔や自分には無理だ、、となる前に

犬を飼う前に知ってほしい心構えを3つご紹介します。


スポンサーリンク

1.自分が愛犬の命を支えているという責任を持つこと

 

いきなりハードルを上げてしまいましたね(笑)

ですが、これは特に一番心掛けて欲しいことです。

自分の気持ちや考え次第で愛犬の命を左右することに繋がります。

 

もし、何かの用事で1日家を空けるとどうでしょう。

誰が食事を与えますか?誰が散歩に連れていきますか?

1日くらい大丈夫だろう・・・もしそんな考えが浮かんだ人は

犬を飼うことをオススメしません。

自分を逆の立場に置き換えて考えてみるとどうでしょう。

1日飲まず食わずの状態で放置されることになります。

これは危険な行為でもありますので注意して下さい。

 

 

2.費用をかけることに躊躇しないこと

 

犬を飼うのに必要な費用は年間最低でも約9~50万円

いわれております。

食費におやつ、狂犬病予防注射、健康診断など

人と違い、保険が効かない為費用が重なります。

生涯を共にすると考えると、犬の平均寿命は約14年なので

 

約115~700万円(犬種により誤差はあります)

かかることになります。

犬を飼うこととは家族が一人増えることでもあります。

この金額を知った上で、もう一度しっかり考えてみて下さい。

 

 

3.愛情を持って世話をすること

 

犬はデリケートな生き物です。

ストレスも溜まりますし、遊びたくて暴れまわったりもします。

そのため、毎日散歩に連れて行ってあげたり、清潔にしてあげたり、

部屋や小屋周りなどの後片付けをしなくてはいけません。

世話をすることも簡単ではありません。

 

世話するのが辛い、面倒だと思うこともあると思います。

ですが、愛犬を大切に想う気持ちがあれば世話をすることに

なんとも思わなくなるはずです。

愛犬に愛情を注いであげられるかということも踏まえてみて下さい。

 

 

まとめ

犬をこれから飼う前に知ってほしい心構え3つをご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

かなり厳しく伝えてしまいましたが、近年捨て犬が増えているという話も聞きますので

犬を飼うことを軽々と決めて欲しくないと思い、このような形でお伝えしました。

 

犬を飼うことは確かに苦労すると思います。

ですがこんな言葉があります。

 

「犬は無条件の愛をくれる生き物」

 

たとえどんな環境であっても大切に育ててれば

純粋な愛をもたらしてくれます。

それは飼い主にとって癒しとなり、幸せな時間をくれることでもあります。

 

犬を飼うことを悩む方にこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。