サークルの先輩と仲良くなりたい人必見!誰でも使えるポイントとは??

この記事は3分で読めます

 

こんばんは、のりです。

さて、今回は大学生活を充実させる1つともいえる

サークルについて紹介していきたいと思います。

タイトルの通り、

 

サークルの先輩と仲良くなりたい人必見!誰でも使えるポイント!

について紹介したいと思います。

 

入学して、サークルを選んで入部したものの、

「先輩と上手く距離が縮めれない」 「仲良くなれるのか不安」

「サークルに馴染めるのか心配だ」と

悩むことってありますよね。

(私も当時はコミュ症発揮して馴染めませんでした(笑)

 

ですがポイントさえ掴んでしまえば

いつの間にか仲良くなっていますよ!

是非、先輩と距離を縮めてサークル活動を楽しんで下さい!

それではポイントを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


 

1.挨拶をしっかりする!

 

挨拶って世間では基本的なコミュニケーションの1つですよね。

挨拶をするかしないかでその人の印象ってかなり左右されるんです。

近所の人や勤務先の人、友達にも顔を合わせると挨拶ってしますよね。

それと同じ感覚でやってみて下さい。

挨拶って会話を始める為のきっかけにも繋がるんですよ。

仲良くなる為の第一歩としてまずは挨拶からしてみると良いでしょう。

 

 

2.雰囲気や態度は穏やかに!

 

こちらも挨拶と同じで相手に印象付ける要因の1つです。

サークルに参加してる際には十分気をつけましょう!

 

もし、まだそこまで先輩方と仲良くなっていない状態で

ダルそうにしていたり、スマホばかりいじっていたらどう思われるでしょう。

おそらく、話しかけようとは思わないでしょう。

サークル内での行動や態度って意外と先輩に見られているものです。

退屈そうにするではなく、表情を明るくし楽しそうな雰囲気を

表現してしまえば先輩も声をかけやすくなります。

見られていると意識してしまえば自然と引き締まるでしょう。

 

 

3.イベント事には必ず参加しよう!

 

イベントはサークルにとっての醍醐味です。

イベントなくして何の為のサークルだよってね(笑)

新入生歓迎会や合宿旅行、文化祭、BBQなど

一年を通して開催されています。

こうしたイベントも都合が空いているなら必ず参加しましょう!

 

もし、会話ができなかったとしても、参加さえしてしまえば

顔は覚えられているものです。それをきっかけに話が弾むこともあります。

(BBQでのイベントで私もサークルに馴染むことができました笑)

こうしたイベントは極力参加するようにしましょう!

 

 

4.相槌やリアクションは少し大きめで!

 

家族や友達と話すとき、相槌ってしますよね。

自分が話している際、相手が相槌してくれると

話を続けたり、もっと聞いて欲しいって思いますよね。

相槌は会話のコミュニケーション向上を図る方法の1つでもあります。

 

ではこの相槌を話相手がより大きくうなづいたらどうでしょう。

嬉しくないですか?

これをそっくりそのまま先輩と話すときに使ってしまえば良いんです!

※わかってるとは思いますが過剰な相槌は控えましょう(笑)

普段の相槌より少し大きくしてみてみると先輩も嬉しいはずです!


スポンサーリンク


 

5.相談してみる!

 

先輩って頼られると嬉しいものです。

大学生活や授業のこと、なんならサークルの悩みなんかでも良いでしょう。

素直に聞いてみてはどうでしょう。

きっとあなたの悩みを手助けるアドバイスや協力をもらえるはずです!

そこで連絡先なんかを聞いてしまえば距離もぐっと縮まることでしょう。

是非、自分の不安や悩みを話してみて下さい。

 

6.敬語は忘れない!

 

ある程度仲良くなると無意識にタメ口になったり敬語が外れたりしませんか。

「仲良くなったから大丈夫だろう」 「○○先輩は優しいから」と

思ったりしていませんか?

たとえあなたがそう思っていても、先輩は違和感や不快感を感じていることもあります。

 

そのあたりの使い分けは冗談を言えるくらいの仲であれば良いと思いますが、

あくまで上下関係の仲ですからある程度意識はしておきましょう。

 

まとめ

 

先輩との距離を縮めるポイント6つを紹介しました。

いかがでしたでしょう。

どれも基本的なものばかりではありますが

基本をしっかり押さえておくことも大切です。

これはサークルの先輩だけでなく、勤め先の先輩や年上の方にも

活かすことができます。

是非これらのポイントを身に着けて先輩と仲良くなってしまいましょう!

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

それではまた!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。