大野智の歌唱力の評価が低い?ネットの反応は?

この記事は4分で読めます

嵐のリーダーとしてグループをまとめる大野智さん。

そんな大野智さんの歌唱力の評価が低いと噂されています。

歌唱力の評価が低いのは本当なのでしょうか。

 

嵐としてシングルやアルバムなど数多くリリースすることで総売り上げが約3000万枚以上突破しています。

5大ドームツアーやアリーナツアーなど毎年多くの方が来場するほど人気の高いアイドルグループです。

「アーティスト別トータルセールス」や「2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」で1位を獲得するほど国民から愛されていますね。

 

国民の象徴ともいえるアイドルグループ嵐のリーダー大野智さん。

そんな大野智さんの歌唱力の評価が低いと噂されるのはなぜでしょうか。

そこで大野智さんの歌唱力の評価やネットでの反応について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

大野智の歌唱力の評価は低いのか?

嵐としてはもちろん、ソロとしても活躍する大野智さん。

そんな大野智さんの歌唱力の評価が低いという噂は本当なのでしょうか。

普段、嵐のONE LOVEやmonsterを聞いていますが、むしろ上手いと思うんですけどね。

 

大野智さんの歌唱力の評価ですが、低いというのはアンチによるものでした。

大野智さんのことを好きでない方や良く思っていない方のコメントにより噂が広まってしまったようです。

かなり迷惑な噂ですね。

 

実際の大野智さんの歌唱力の評価というと、「ジャニーズで最も歌が上手いアイドル」と絶賛されています。

というのも、以前ジャニーズの中で誰が一番歌が上手いのかをテーマにアンケート調査を行ったことがあります。

その結果、見事1位が大野智さんでした。

ちなみに2位はkinki kidsの堂本剛さん、3位はSMAPの木村拓哉さん、4位は関ジャニ∞の渋谷すばるさん、5位はNEWSの手越祐也さんとなっていました。

ジャニーズの中で1位を獲得するくらいですから歌唱力の評価はかなり高いようですね。

 

また、評論家やミュージシャンの間でもかなりの評判でボーカリストとしての才能が高いとまで言われています。

大野智さんは普段の声が少し高めなので歌い方も自然と高いキーとなるのでキレイな歌声ですね。

ビブラートの強弱やのびやかな声の太さも特徴的で魅力ある歌唱力ですね。

 

大野智の歌唱力は一般の方にとっては普通?

ジャニーズの中で最も歌が上手いとされる大野智さん。

ですが一般の方にとってはそこまで上手くないというコメントもあるようです。

 

「アイドルとしては歌が上手いが他のアーティストと比べると大したことはない」といわれています。

実際歌の上手い歌手は沢山いますから強ち間違っていません。

 

ですが、あくまで歌手として一般的に比較した場合の話。

アイドルとしての歌の上手さであれば大野智さんの歌唱力は十分に高いですから比較する必要がありません。

歌手ではあってもアイドルの1人ですから歌って踊るのが本業ですから比較する意味がないですね。

 

アンチの影響も多いのでもしかすると一般の方の中に混ざっている可能性があります。

批判する人は批判しますから言わせておけばいいと思うのが良いですね。

 

ネットの反応は?

歌唱力の評価が高いとされる大野智さん。

ではネットでの大野智の歌唱力の評価についてのコメントを紹介します。

やはり多くの方も大野智さんは歌が上手いと絶賛ですね。

歌だけでなく踊りや演技もできるとされているのでむしろ多くの面で評価が高いですね。

加えて絵画の才能もあるので批判する方は嫉妬だと思った方が賢明ですね。

 

歌唱力だけでなく演技力や絵画のセンス、踊りの上手さなんかも比較されることでしょう。

これだけ多くのジャンルに挑戦している大野智さんですから注目されるのも無理ありません。

万能に何でもこなす大野智さんが素晴らしいですね!

 

まとめ

以上、大野智さんの歌唱力の評価やネットの反応について紹介しました。

・歌唱力の評価が低いのはアンチによる影響

・ジャニーズの中で一番歌が上手いとされる

・多くの方にも歌が上手いと評判

 

ジャニーズの中で一番歌が上手いと称される大野智さん。

ボーカリストとしての歌唱力は十分に備わっているのでソロとしても活躍できますね。

むしろもっとソロ曲をリリースして欲しいものです。

 

個人的に思っていたとおり大野智さんの歌唱力は凄いですね。

ソロ曲「暁」なんかは大野智さんの歌の上手さが最大限表現されているのでオススメです。

今後も大野智さんの歌唱力に注目ですね。

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。