生田斗真と弟の竜聖は似てない?兄弟を疑う声も?

この記事は4分で読めます

ジャニーズ事務所の俳優として活躍する生田斗真さん。

そんな生田斗真さんの弟・生田竜聖さんと似てないとして多くの声があがっています。

兄弟でありながら似てないと言われるのはなかなか厳しい意見ですね。

 

ジャニーズ事務所の俳優部門として数多くの作品に出演する生田斗真さん。

ドラマ『魔王』や『ウロボロス~この愛こそ、正義。』、映画『僕等がいた』『土竜の唄』など主演を務めるほどの個性派俳優です。

ジャニーズタレントとは思えない演技力に注目を集めています。

 

ジャニーズ俳優の生田斗真さん。

そんな生田斗真さんの弟である生田竜聖さんと似てないことが話題になっています。

そこで生田斗真さんと弟の生田竜聖さんと似てないのか、ネットでの評価について紹介していきます。

【生田斗真の関連記事】

生田斗真は目を二重に整形していた?目が変だと話題!

スポンサーリンク


 

生田斗真と弟の竜聖は似てない?比較検証してみた!

イケメン俳優として女性からの人気が高い兄の生田斗真さん。

フジテレビのアナウンサーとして活躍する弟の生田竜聖さん。

兄弟でありながらお二人が似てないとされています。

 

では実際に生田斗真さんと弟の生田竜聖さんと比較してみましょう。


全く似てないとまではいきませんね。

こうして比較してみると鼻筋や口元は似ていますね。

清潔さや誠実さの雰囲気なんかも近い感じがしますね。

 

ですが似てない部分もあるのが少し目立ちますね。

髪型はもちろんですが、目元や輪郭なんかが似てないように思います。

 

特に目元は全く似ておらず、弟の竜聖さんは奥二重に近い瞼であるのに対して、兄の生田斗真さんはくっきりと筋が見えるくらいのぱっちり二重になっています。

目元で印象が変わるというのがお二人の比較で伝わりますね。

似てないとコメントする方の気持ちがわかります。

 

ですがそれでも職業柄の違いもあるでしょう。

兄の生田斗真さんはアイドル・俳優として活躍し、弟の竜聖さんはアナウンサーとして活躍しています。

立場を入れ替えてみると思いのほか違和感ないかもしれませんね。

 

生田斗真と弟・竜聖の共演は?


職業柄が違うこともありなかなか兄弟で共演しにくい生田斗真さんと生田竜聖さん。

ですがバラエティ番組『笑っていいとも』に生田斗真さんが映画の番線で出演した際に初めて共演することになりました。

お互い緊張した様子で照れてる表情が見ていて癒されました。

 

兄弟で一緒の番組に出演できたことは大変嬉しかったことでしょう。

兄の生田斗真さんを追いかけてアナウンサーとして日々努力を積み重ねてきた竜聖さんにとって大切な1日となったことでしょう。

 

その後は関東ローカル番組『生田くん、ハイ!』で竜聖さんの冠番組にゲストとして生田斗真さんが出演。

ドラマ撮影の裏話や番組に関するクイズを回答する番組で、楽しそうにやり取りする姿が放送されました。

 

普段から非常に仲が良いとされるお二人。

実際に共演を果たしたことで普段のやり取りの様子が放送されました。

見ているだけで暖まる光景でした。

 

ですが『笑っていいとも』や『生田さん、ハイ!』で共演をして以降、お二人が共演することはありませんでした。

スタッフによると、ジャニーズ事務所は秘密主義を徹底した会社であるため、兄弟の共演によりプライベート事情が公表されることを防ぐために共演NGにしたそう。

私生活の情報を隠すためとはいえ兄弟で共演NGなんてなかなかヒドイですね。

 

共演NGが無くなって再び共演する日が来ると良いですね。

お二人のやり取りする姿をまた見たいですね。

 

生田斗真と弟の竜聖は似てない?ネットの評価は?

目元が違うことがはっきりと判明した生田斗真さんと弟・竜聖さん。

ではここでお二人が似てないのかネットの評価を紹介していきます。

似てないとコメントする方が多いですね。

たしかにパッと見ただけで似てないとわかるくらいの違いはあるかもしれません。

兄弟だからこそ似てないことに驚きがあります。

 

中には「兄弟ではない」とまでコメントする方もいるほど。

似てないことはあるかもしれませんが、さすがに兄弟そのものを否定するのは良くないですね。

双子ではないわけですから似てないところがあっても不思議ではありませんから。

 

兄の生田斗真さんにしかない魅力もあれば弟の竜聖さんにしかない魅力があると捉えるのがベストですね。

同じ芸能界で活躍しながらも職業柄が異なるお二人。

それぞれで今後も引き続き活躍する姿を応援していきましょう。

【生田斗真の関連記事】

生田斗真は目を二重に整形していた?目が変だと話題!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。