神木隆之介は子役の頃から中居正広と共演していた!

この記事は3分で読めます

俳優・声優として幅広く活躍する神木隆之介さん。

そんあ神木隆之介さんは子役時代にSMAPの中居正広さんと共演していたことが明らかとなりました。

中居正広さんが司会を務める『ザ!世界仰天ニュース』にゲスト出演した際に、親しげに会話していたのも子役の頃に共演していたのが大きいようですね。

 

「au」のCM意識高すぎ高杉くんでお馴染みの神木隆之介さん。

ドラマや映画はもちろん、アニメの声優を務めるほど多彩な才能を発揮しています。

イケメンに成長した姿は昔からファンだった方には嬉しいのではないでしょうか。

 

誠実で真面目な印象の強い神木隆之介さん。

そんな神木隆之介さんは子役時代中居正広さんと共演していたことが判明しました。

そこで神木隆之介さんが子役時代に中居正広さんと共演した作品や役柄、エピソードについて紹介していきます。

【神木隆之介の関連記事】

神木隆之介は病気でナルコレプシーだった?症状がヤバイ!

神木隆之介のキスシーンが激しい?小6の頃から手馴れていた?

スポンサーリンク


 

神木隆之介は子役の頃に中居正広と共演していた!

2歳という幼さで芸能界デビューを果たした神木隆之介さん。

子役でありながら台本を早く覚える学習能力やアドリブにも対応できるほどの天才子役として活躍していました。

そんな天才肌だった神木隆之介は子役時代にどの作品で中居正広さんと共演したのでしょう。

 

お二人が共演したのは1999年4月に放送された『グッドニュース』というドラマがきっかけでした。

中居正広さんは当時25歳であり、義理の息子役という役柄で共演しています。

最近では司会やMCをメインで活躍しているのでドラマで活躍しているというのは新鮮な感じですね。

 

ドラマのあらすじ

1999年にTBS系列で放送された『グッドニュース』は、中居正広さん演じる小さな映画制作会社に勤める黒沢丈一が鶴田真由さん演じる出版社に勤める黒沢明子と出会い再婚するも、結婚式当日に8千万円の借金を抱えてしまうというストーリー。

不況やリストラ、倒産という崖っぷちに立たされるも明るくポジティブな思考で乗り越えていくヒューマンドラマとして勇気づけられる作品です。

 

神木隆之介さんは沢村太一役として子役で出演。

映画の子役を探していた黒沢丈一が目をつけたことがきっかけで出会い、やがて義理の息子として共に過ごしていく関係で共演しました。

このとき神木隆之介さんは5歳。

とっても可愛らしくて撮影現場でも癒しの存在だったようです。

ビストロスマップで再び共演!

ドラマ『グッドニュース』で共演して以降、共演する機会がなかったお二人。

ですが約16年後の2015年4月にSMAP×SMAPの番組企画「ビストロスマップ」にて再共演を果たしました。

子役以来の共演ということもあり、成長した姿で対面しました。

 

大きなった神木隆之介さんを見て中居正広さんは「懐かしいなぁ」「大きくなったなぁ」と父親のように再会を喜んでいました。

16年ぶりですから共演できるのはお二人にとって相当嬉しいでしょうね。

ドラマの撮影中には中居正広さんは、よく神木隆之介さんと遊んでいたようで本当の親子のような関係だったようです。

 

『ザ!世界仰天ニュース』で共演!

2019年2月12日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』でゲスト出演したことで共演しています。

そのときに「中居ちゃんと呼ばせてもらってます」と小さい頃から仲の良い関係を表現していました。

 

ドラマで共演してから中居正広さんを中居ちゃんと呼んでいた神木隆之介さん。

呼ばれることに嫌がりながらも嬉しそうな中居正広さん。

20年前の共演が今でも繋がっているのは凄いですね。

 

まとめ

以上、神木隆之介さんが子役時代に中居正広さんと共演していた作品や役柄、エピソードについて紹介しました。

『グッドニュース』をきっかけに今でも繋がっているお二人。

共演するたびに嬉しそうなお二人を見るとこっちまで嬉しくなりますね。

 

今や俳優・声優として大活躍する神木隆之介さん。

そんな活躍を中居正広さんが見守っていると考えると親子そのもののように見えますね。

バラエティ番組でしか共演できていませんが、もしも再びドラマや映画に中居正広さんが出演するのであれば神木隆之介さんと共演することを期待したいですね。

【神木隆之介の関連記事】

神木隆之介のキスシーンが激しい?小6の頃から手馴れていた?

神木隆之介は病気でナルコレプシーだった?症状がヤバイ!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。