岸優太の小説・激ピンクが激しすぎ!?

この記事は3分で読めます

king&princeのリーダーとして活躍する岸優太さん。

そんな岸優太さんを主人公にした小説・激ピンクが激しいとしてネットで話題になっています。

小説・激ピンクとはそもそも何なのでしょうか。

 

king&princeのメンバーでありリーダーでもある岸優太さん。

ドラマ『仮面ティーチャー』に俳優として初出演をきっかけに『お兄ちゃん、ガチャ』などの作品に出演しています。

『スカッとジャパン』にも出演することで最も注目されているアイドルです。

 

イケメン俳優としても人気の岸優太さん。

そんな岸優太さんの小説・激ピンクとはどのようなものなのでしょうか。

そこで岸優太さんの小説・激ピンクについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

岸優太の小説・激ピンクとは?

king&princeでも人気の高い岸優太さん。

そんな岸優太さんの小説・激ピンクがネットで話題になっていますがどのようなものなのでしょう。

激ピンクですから恋愛系の小説なのでしょうか。

 

そもそもこちらの小説は岸優太さんが書いた小説ではなく、ファンの想像や妄想により書かれた小説のようです。岸優太さんを題材に様々な視点から捉えたことを中心に書かれているため、内容もファンによってバラバラ。

 

その中でも激ピンクの小説と話題になっているのは岸優太さんとのシチュエーションを過激にしたものとなっているようです。

ピンクのような甘い恋愛ストーリーではなく、激しい恋愛ものの物語が書かれているそう。

激ピンクですから名前通りの内容のようですね。

 

シチュエーションや出来事などはファンの妄想により書かれたものとなっているため全てフィクションです。

小説にして書くくらいですから相当濃いファンのようですね。

 

このような激ピンクの小説を書くファンは岸優太さんのファンだけでなく、他のアイドルや俳優が好きなファンも書いているようです。

書いたものは全てネットで公開することで閲覧することができるようです。

岸優太さん以外の芸能人を題材に小説を書く方もいるんですね。

 

芸能人と一般人との恋愛を過激にした内容なのでファンにとっては読むだけで楽しいのではないでしょうか。

言ってしまえば同人誌の小説版のようなものですから岸優太さんが好きな方は読んでみると良いですね。

 

岸優太の小説・激ピンクのエピソードを紹介!

岸優太さんとの過激なシチュエーションを題材にした激ピンク小説。

では激ピンクと言われる小説のシチュエーションとはどのような物語なのでしょう。

 

主に岸優太さんとお付き合いしている設定で描かれている物語が多く、リア充を満喫しているエピソードになっています。

タイトルとして「コボレタキモチ」や「君の全てに溺れてた」、「リア充しようぜ」などの小説が投稿されています。

タイトルだけでもかなり濃い内容であることは想像できそうですね。

 

岸優太さんが作者に対して恋心を抱く物語であったり、作者が岸優太さんを一途に想う物語と始まりはバラバラ。

そこから深い愛へと変わりイチャイチャするという話に繋がります。

激ピンクって意味がわかりますね。

 

また、個人的に激ピンクすぎるレベルの小説がありました。

そのタイトルがなんと「私は貴方の・・・」から始まる小説。

冒頭分の一文が”私は貴方の性欲処理器”から始まる物語となっています。

 

なんていうか・・・重すぎて激ピンクを通り越してますね。

ただの濃い恋愛ではなく、本当に過激な物語を書くファンもいるのである意味怖いですね。

岸優太さんをそういった目線で小説を書いていると思うと・・・なんともいえない気持ちになります。

 

ファンにより書かれた小説なのでたまに読むのにちょうど良いかもしれませんね。

ですがハマりすぎには注意が必要かも・・・。

こういった小説もあるんだなという考えで読むことをオススメします。

スポンサーリンク


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。