志田未来はラブライブ好き!推しメンは誰?

この記事は3分で読めます

2018年9月14日に結婚したことで話題となった女優の志田未来さん。

そんな志田未来さんがラブライブ好きのオタクであったことが判明しました。

μ’sの推しメンが誰なのか気になりますね。

 

女優として数多くの作品に出演する志田未来さん。

ドラマ『女王の教室』や『14才の母』をきっかけに大ブレイク。

第15回橋田賞新人賞や第33回日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど実力派女優として活躍しています。

 

若手女優でありながら演技力に定評のある志田未来さん。

そんな志田未来さんがラブライブ好きのオタクであることが判明しています。

そこで志田未来さんのラブライブ好きや推しメンについて紹介していきます。

スポンサーリンク


 

志田未来はラブライブ好きのオタクだった!

女優として主演を務めるほど注目の高い志田未来さん。

そんな志田未来さんが実はラブライブ好きでオタクだったのは意外ですね。

アニメに興味なさそうな感じがしますがラブライブに対する愛は本物のようです。

 

毎週日曜日に放送されている音楽番組『関ジャム 完全燃焼SHOW』にゲスト出演した志田未来さん。

テーマはアニソン特集で「進撃の巨人」や「マクロスF」など人気曲が紹介されました。

音楽業界でもアニソンはかなり熱く、カラオケランキングでも上位に組み込むほど高い支持を得ています。

 

アニメ特集をテーマにした『関ジャム』に出演した志田未来さん。

そこでオタクであることを発言し、ラブライブに対する愛も語っていました。

「声優も好きですし、アニソンもカラオケで歌うほど好きです。」

「特に私はラブライブが凄く好きなので・・・」

「好きなものが好きで、それ以外はあまり興味ないですね。」

 

声優が好きでアニソンもよく歌っている志田未来さん。

ですがラブライブが好きなだけでそれ以外のアニメには興味がないようですね。

かなり一途なタイプで1つのアニメに夢中になれるのでしょうね。

 

関ジャニ∞の村上信五さんから「ラブライブ1本で好きなの?」という質問に対して「はい。」と率直に回答。

ラブライブ1本であればオタク・・・とまではいきませんね。

ラブライブオタクなだけであってアニメオタクとまではいかないようです。

 

志田未来のラブライブの推しメンは誰?

ラブライブ1本で大好きだと語る志田未来さん。

そんな志田未来さんの推しメンとは誰なのでしょうか。

 

ラブライブに登場するキャラクターはみんな可愛いと嬉しそうに語る志田未来さん。

中でも推しメンだとするのが矢澤にこ(にこちゃん)だそう。

主人公・高坂穂乃果の先輩で「にっこにっこにー」でおなじみのキャラクターですね。

 

ラブライブのライブにも参戦していたようで、掛け声で「にっこにっこにー!」と叫ぶのだそうです。

ペンライト持って叫ぶ志田未来さんが想像できませんね。

というか絶対可愛いですね(笑)

またラブライブ1本で好きと語っていますが、さらにこだわりがあることを語っています。

ラブライブにもラブライブ!とラブライブ!サンシャインという2つのシリーズがありますが、志田未来さんは「ラブライブ!」のμ’sが好きなんだそう。

 

ラブライブ!サンシャインについて志田未来さんは、

「μ’sが好きなのでラブライブ!サンシャインが始まることが凄く悔しくて・・・」

「これまで頑張ってきた、1から積み上げてきたものが全部取られてしまう気持ちになった」と語っています。

 

新シリーズということでラブライブ!のμ’sが全く出ない物語。

そのためμ’s好きのファンにとっては嬉しくない発表でもありました。

 

スクールアイドルとして0から歩み始めた主人公・高坂穂乃香。

学校の存続を目標にメンバー9人で駆け抜けてきた青春には感動する方がほとんどでした。

それを塗り替えられるかのような気持ちになったのでしょう。

 

個人的には志田未来さんと同じ想いでμ’sが好きでラブライブ!サンシャインは全く見なくなりましたね。

やはりラブライブ!はμ’sというイメージが強いのでどうしても見る気になりませんでした。

ファンの方には申し訳ないのですが・・・。

 

まとめ

以上、志田未来さんのラブライブ好きや推しメンについて紹介しました。

にこちゃんが推しメンの志田未来さん。

てっきり園田海未ちゃんあたりかと思っていました。

 

アニメオタクではなく、ラブライブ1本というラブライブオタクでもある志田未来さん。

ライブにも参戦するほど愛が深いようです。

ラブライブだけでなく、他にも夢中になれるアニメと出会えると良いですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。