車の運転が怖いと感じる人必見!和らげるために必要な方法3つを紹介

この記事は3分で読めます

 

こんばんは、のりです。

今回は

 

車の運転が怖いと感じる人にお伝えしたい。

和らげるために必要な方法3つとは?

について紹介していきたいと思います。

 

車の免許を取得したばかりの方や久しぶりに車を運転する方、何年もペーパードライバーだった方は多いと思います。

運転に慣れていない人ほど車を運転することに恐怖や不安を感じてしまいますよね。

 

「事故を起こしたらどうしよう」 「車を傷つけたりしないかな」

「ちゃんと運転できるのだろうか」など

失敗を恐れてしまう気持ちってなかなか解消することってできませんよね。

特に、車の運転って一度の失敗がかなり大きな損害に繋がるのでより不安が強くなってしまいます。

 

そのような不安や悩みを少しでも緩和することができるように3つの方法を紹介していきます。


スポンサーリンク


 

1.運転に慣れている人に同行してもらう

 

これは一番効果があります。

自分よりも運転できる人が隣にいると思うと気持ちもかなり楽になります、

いざとなれば運転を代わってもらうこともできるので安心ですね。

 

また、道路の状況に合わせて的確な指示やアドバイスもしてもらうことで、自分の運転スキルも上げることができるため、一石二鳥ですね!

時間があれば運転に慣れるまで練習に付き合ってもらうのも良いですね。

怖いと感じるまでの間は、できる限り一人ではなく同行してもらうのが安全でしょう。

 

 

2.初心者マークを貼って運転する

 

免許を取得したばかりの方は1年間は必ず貼ってくださいね!

これは久しぶりに運転する方や何年もの間ペーパードライバーだった方が使える方法です。

「初心者じゃないからつけたくない!」って思う方は無理につける必要はありません。

ですが、初心者マークを貼ることで運転の不安を緩和する効果が大きいことは確かです。

 

初心者マークとは免許を取得したばかりの人が貼るものです。

つまり、運転に慣れていない、自信がないと周りに周知する手段なわけです。

初心者マークを貼っておくと周りのドライバーは「不慣れなんだな」と気づくので

車間距離を大きく開けてくれたり、車線変更なんかでも譲ってくれたりするので安心して運転することができます。

それに初心者マークを貼っておくと「慣れてないから許してね」と気持ちにも余裕ができるので貼らない手はないと思います。

運転に恐怖や不安がなくなってきた際には外すだけなので手間もかかりません

一度試してみると良いでしょう!

 

 

 

3.自分の気持ちやペースを常に守って運転する

 

これは運転する人全ての方に言えます。

時間がギリギリで焦って運転したり、後ろから煽られたりして慌てて運転したりする。

気持ちやペースが乱れたときが事故を引き起こすのです。

特に、運転が怖いと思う人ほど周りの影響を受けやすいので注意する必要があります。

 

ですが決して焦ったり慌てたりする必要はありません。

自分のペースだけは必ず守ることを意識して運転することが大事です!

 

「時間がギリギリなのであれば、前もって連絡しておく」

「後ろから煽られるのなら先に行ってもらう」

こうした工夫をすることで気持ちに余裕が生まれるので安全運転に繋がります。

 

運転に不安や恐怖を感じる方は、自分のペースで無理のない範囲で運転することが大切です。

時間をかけて少しずつ運転に慣れていくことが近道なので自分のペースだけは守ることを意識して下さい。

 

以上が運転の恐怖や不安を緩和するための方法です。

車の運転は慣れるまでが大変ですが、慣れることも事故に繋がる原因でもあるので油断はできません。

緊張感や集中力を持って安全運転を心がけることも大切ですね。

この記事を参考に少しでも運転することの恐怖や不安がなくなれば幸いです。

 

それではまた!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。