滝沢カレンはわざとだった?昔のブログが証拠に?

この記事は4分で読めます

ファッションモデル・タレントとして現在最も注目を集める滝沢カレンさん。

そんな滝沢カレンさんの日本語が実はわざとだったことが明らかとなっているようです。

昔のブログが証拠として日本語下手キャラはわざとだったとされています。

 

父がウクライナ人、母が日本人のハーフモデルの滝沢カレンさん。

スタイル抜群でかなり美人でありモデルとしてもかなり注目されています。

最近ではバラエティ番組に引っ張りだこで不慣れな日本語を話すことで笑いを誘っています。

 

テレビでは見ない日がないほど大活躍する滝沢カレンさん。

そんな滝沢カレンさんの日本語が実は演技でわざとだったと昔のブログで判明しています。

そこで滝沢カレンさんの日本語がわざとだったのか、昔のブログとはどのようなものなのか紹介していきます。

スポンサーリンク


 

滝沢カレンの日本語はわざとだった?

不慣れな日本語で話すことで場を盛り上げる滝沢カレンさん。

そんな滝沢カレンさんの日本語がわざとだったとされています。

もしもあの日本語がわざとで演技だとしたら相当上手いですね(笑)

 

不慣れな日本語を活かして今やナレーションやMCにも抜擢される滝沢カレンさん。

さらには共演した俳優や女優の方の印象を四字熟語にして表現することでも人気となっています。

ずれのない的確な四字熟語である意味凄いですね。

普通に聞いていても不自然すぎる日本語で何を言っているのかわからないときがあります。

ですが滝沢カレンさんの場合、難しい表現の日本語を入れることで文脈等を崩しているように感じます。

 

本当に日本語が不慣れであれば難しい表現の日本語なんて知らないはずですし。

ナレーションやMCを進行する際、ほとんどが台本の通りに進行し間違いがないように細かく収録しています。

ですが滝沢カレンさんの場合、収録ではなくぶっつけ本番の勢いで収録をしているようです。

滝沢カレンさんがどのように言葉を選んで話すのかを狙った演出だと思うので、わざと無茶苦茶な日本語を使って表現しているのではないでしょうか。

 

そもそもハーフで日本で生活してきたのであれば自然と身につくはずですし。

障害でもなければまずあそこまで壊滅的な日本語はあり得ませんね。

 

となると滝沢カレンさん本人が考えながらわざと話していると断定した方が間違いなさそうですね。

もしもあの日本語での会話でしか話せないのであればコミュニケーションの取りようがないですし。

演技で不器用なキャラを演じる滝沢カレンさんがむしろ器用すぎて恐ろしいですね。

 

滝沢カレンの昔のブログでわざとだったとの証拠に?

難しい表現の日本語や日本で生活してきたことでわざとだったと言われている滝沢カレンさん。

壊滅的な日本語を普段でも話すのか謎に包まれていましたが、過去にヤフーのモバゲーブログで投稿していた滝沢カレンさんの記事を見つけました。

この昔のブログこそが滝沢カレンさんの日本語がわざとだったと判明する証拠となりました。

 

支離滅裂な日本語を話す滝沢カレンさん。

ではここで昔のブログで更新していた滝沢カレンさんの記事を一部紹介します。

    • みなさんもなりたい大人への目標がしっかり立ってますね(*^^*)やっぱり胸張って生きていきたいよね(>_<)わたしもみなさんとおんなじくらいこれから頑張っていかなきゃ!
    • 今日もお仕事の打ち合わせに行ってきたよ~☆その前にいつもお世話になってる守屋さんに今日はヘアメイクしてもらったよ~!守屋さんはいつもおもしろくて、また元気をもらいました(^-^)/
    • 最近いろんな方とお話できたりする機会が増えてすごく嬉しいです♪みなさんにいい報告ができるよう、わたしも次期ファッション誌が早く決まってほしいから頑張ります(>_<)!!
    • みなさんは今日はどんな一日でしたか(^_^)??記事も少しずつ日々の出来事などをまた更新してきますね☆では、おやすみなさい…☆

出典元:滝沢カレンさんの日記

 

非常にシンプルで読みやすい日記ですね。普段出演する滝沢カレンさんが書いたブログとは思えないほどしっかりとした日本語。
この日記を見ると番組内で話す滝沢カレンがわざとだと思えてしまいますね。

 

現在こちらのブログは更新されておらず、2011年3月をもって終了しています。

今はインスタに移行して日記のようなつぶやきを更新していますが、そのインスタでの文章は番組に出演する滝沢カレンさんそのもの。

かなり読みにくい文章で頭に入ってこない日本語が並んでいます。

 

とするとやはりわざと下手な日本語を用いてキャラを確立しているようです。

もし今でも昔のブログの通りの記事をインスタで更新していたとすると嘘がばれてしまいますね。

やはり滝沢カレンさんが話す日本語はわざとだったようです。

 

まとめ

以上、滝沢カレンさんの日本語がわざとだったのか、昔のブログとはどのようなものなのか紹介しました。

ハーフタレントで支離滅裂な日本語を話すことでバラエティ番組で引っ張りだこの滝沢カレンさん。

ですが日本での生活や難しい表現の日本語を使うことからわざとではないかと言われています。

 

そして決定的な証拠となるのが昔のブログの日記。

わかりやすく丁寧で読みやすい文章ですね。

スーッと頭に入ってくるほど違和感のない日本語です。

 

やはり滝沢カレンさんのあのキャラはわざと演じていると考えて間違いないですね。

ブログの記事だけでなく、噂では楽屋に戻るとしっかり話しているという情報もあるようですし。

 

わざとであるにしてもここまで徹底的に無茶苦茶な日本語を話す滝沢カレンさんが相当凄いですね。

それだけ語彙力が高いということでしょうか。

考えながらわざと話す滝沢カレンさんって本当に賢いんですね。

今後もどのような日本語使って話すのか注目ですね。

スポンサーリンク


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。