山下智久の筋肉はいつからマッチョだった?

この記事は4分で読めます

爽やかで誠実な印象が強い山下智久さん。

幼い頃からジャニーズの中でも期待されるほどだった山下智久さんですが、鍛え抜かれた筋肉がカッコイイですね。

鍛え抜かれた筋肉ですが、いつから身についていたのでしょうか。

 

アイドル・歌手・俳優など幅広く活躍する山下智久さん。

演技力や歌唱力はもちろん、スポーツも満遍なくこなすほど高いセンスを持つことで知られています。

ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』ではバスケット選手としての役柄を演じ切ったことでも有名ですね。

 

何事もそつなくこなすセンスを持つ山下智久さん。

そんな山下智久さんの鍛えられた筋肉はいつから身についていたのでしょうか。

細マッチョで素敵な筋肉は憧れますね。

そこで山下智久さんの筋肉はいつから身についたものなのか、筋肉の画像・写真について紹介していきます。

【山下智久の関連記事】

山下智久の父親は整骨院経営?八柱にあるって本当?

山下智久の母親は再婚していた?画像が流出?

スポンサーリンク


 

山下智久の筋肉はいつから鍛え抜かれていたの?

ジャニーズの中でも筋肉が凄いとして話題にもなる山下智久さん。

ルックスだけでなく、肉体もカッコイイなんて女性にはたまりませんね。

ではそんな女性が惚れてしまうような筋肉を持つ山下智久さんはいつから鍛え抜かれていたのでしょうか。

 

山下智久さんが大ブレイクしたきっかけがドラマ『ブザービート~崖っぷちのヒーロ~』で主演を務めたことがきっかけです。

主題歌が誰もが知るB’zの「イチブトゼンブ」で、当時では多くの方に親しまれていました。

山下智久さんが注目され始めたのは2009年以降になります。

『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』では上半身を見せるシーンが多くあり、多くの女性を魅了しました。

更衣室でのやり取りやシャワーシーンは最高のご褒美でしたね(笑)

 

この時の山下智久さんの筋肉が凄いとして、筋肉にも注目されるようになりました。

それにより、”いつから筋肉が凄かったのか”と疑問を持つ方も多くみられました。

ですが、山下智久さんの筋肉は『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』の為に鍛え抜かれたものではなく、20歳前後の頃から鍛え始めたようです。

 

ドラマ出演時の山下智久さんの年齢が24歳。

ということは4~5年前には鍛え抜かれた筋肉を持っていることになります。

20歳の頃に山下智久さんはサーフィンやボクシングなどのスポーツに集中していたので、自ずと鍛えていたのでしょう。

 

つまり山下智久さんの筋肉は若い頃からの積み重ねで鍛え抜かれたもので、衰えることのないよう今でも筋トレを続けているようです。

ドラマの為に鍛えた筋肉ではなく、20代の頃から鍛えていたしっかりした筋肉なんですね。

だからこそキレイな身体にカッコイイ筋肉が身についているのでしょうね。

【山下智久の関連記事】

山下智久の父親は整骨院経営?八柱にあるって本当?

山下智久の母親は再婚していた?画像が流出?

スポンサーリンク


山下智久の筋肉が凄い!画像・写真で紹介!

20歳にサーフィンやボクシングなどで鍛えていたことで筋肉が身についた山下智久さん。

ただでさえイケメンなのに筋肉の凄い肉体を兼ね備えているなんて男性にとっても憧れですね。

ではそんな山下智久さんの筋肉がカッコイイとされる画像や写真を紹介します。

まさに肉体美と表現するのに相応しい身体ですね。

ジャニーズの中でもこのような肉体美を持つ方は少ないのではないでしょうか。

夏のプールや海水浴に訪れた際には誰もが見惚れてしまいますね。

 

ガッチリとした胸板に8つに割れた腹筋、しっかりとした腕の筋肉が素敵ですね。

ボクシングをやっていたこともあり体脂肪率も10%を切っているんだとか。

この肉体美を見て惚れない女性はいませんね。

 

まとめ

以上、山下智久さんの筋肉はいつから身についたものなのか、筋肉の画像・写真について紹介しました。

20歳の頃からの積み重ねで鍛え抜かれた山下智久さんの筋肉。

今でも筋トレやスポーツジムで肉体を維持しているようで、常にキープしています。

 

最近では上半身を披露する機会が減ってしまいましたが、また山下智久さんの上半身を見てみたいですね。

今後どこかの作品で筋肉を披露することがあるかもしれませんね。

これからの活躍が楽しみですね。

【山下智久の関連記事】

山下智久の父親は整骨院経営?八柱にあるって本当?

山下智久の母親は再婚していた?画像が流出?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。