友達と喧嘩したけど仲直りしたい!LINEの返信で上手くいく方法!

この記事は3分で読めます

学校や休みの日、旅行など友達と一緒にいるときはたくさんあります。

楽しい時間や笑い合うことも多く友達といると自然と安らぎますよね。

ですが、ちょっとしたことがきっかけで喧嘩をしてしまい、距離が離れてしまうことってありますよね。

喧嘩したその日や2、3日はイライラや怒りで許せないかもしれませんが、時間が経つと仲直りしたいという気持ちが生まれます。

 

「LINEやメールの返信はどう返せばいいのか」

「仲直りしたい!と思っても気付けば4、5日も経っていて声をかけにくい」

「どのように仲直りすればいいのかわからない」

 

友達と喧嘩した後って何かと考えすぎてどうしていいか悩みますよね。

最近は直接会って仲直りする人も少なくなって、LINEやメールで仲直りしようとする人が増えてきています。

喧嘩して仲が悪い状態の中、直接会うって凄く勇気がいりますよね。

そこで友達と喧嘩した時の仲直りする方法やLINEやメールでの返信について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

友達と喧嘩して仲直りするには?答えはたった1つ!

ふとしたことがきっかけで友達と喧嘩してしまった。

そのままズルズルと引きずって仲直りしにくい状態にまで陥ることってあったりしますよね。

時間が経てば経つほど余計話しにくい状況になってしまい、最終的には最悪な関係に・・・なんてことも。

 

 

大丈夫です!

”喧嘩するほど仲が良い”なんて言葉があるくらいですから友達もきっとあなたと仲直りしたいと思っているに違いありません。

ただ不器用なところがあるからお互いどうすれば良いのかで悩んでいるんです。

 

仲直りするきっかけはただ1つ。

勇気ある一歩、つまり友達に自分の素直な気持ちを伝えることです。

思っていること、考えていること、全て話して良いんです。

 

どうして喧嘩してしまったのか、喧嘩して数日の間どのように思っていたのか、なんで仲直りしたいのか。

恥ずかしくて上手く伝えられないこともあると思います。

ですがむしろそれが良いんです!

 

友達に自分の気持ちを伝えようとする行動に意味があるんです。

きっと友達にあなたの気持ちが伝わることでしょう。

あなたに仲直りしたいという気持ちがあるならば、友達も同じことを思っているはずです。

仲直りしたいという友達であれば、わかってくれると信じてぶつかっていきましょう!

余裕があれば気持ちを伝えるときの気持ちや今の心境なんかも言ってしまうと緊張が解れて笑い話になることもあります。

本音で自分の気持ちを伝えるからこそ喧嘩する前よりも仲良くなることが多いです。

だからこそ”喧嘩するほど仲が良い”という言葉があるわけです。

スポンサーリンク


 

友達と喧嘩した時のLINEの返信はこれで解決!

自分の気持ちを素直に伝えること。

これが友達と喧嘩した時に仲直りする最も確実な方法です。

ですが、先ほど紹介したものは友達と直接会って伝えるものであって、LINEやメールでの返信によるものではありません。

 

本当は直接自分の口で伝えることが一番良いのですが、どうしても対面して伝えるのが苦手という人もいます。

そんな人でもLINEやメールで上手く伝えるための返信方法を紹介していきます。

 

LINEやメールの返信で気をつけるべき3つのこと!

LINEやメールは文字のみの文面となるので、たとえあなたが気持ちを込めて打ったとしても、友達が読めば文字がズラーっと並んでいる風に感じてしまいます。

恋愛と同じで、LINEやメールで告白するよりも直接会って告白する方が成功しやすいのも同じ理由ですね。

そんな文字ばかりが並ぶLINEやメールで仲直りするにはどのように返信すればいいのでしょう。

返信する際の意識するべきことを3つお伝えします。

 

1.顔文字は使わずに「、」や「。」を使ってシンプルにする

2.時折、「…」や「・・・」を入れて見やすくする

3.仲直りしたい理由や思っていることを直接伝える勢いで返信する

 

文字でしか伝えることができないのであれば、いかに見やすく自分の気持ちを表現できるかが勝負のカギになります。

なので「、」や「。」で真剣であることを伝えながら、「…」や「・・・」で自分の気持ちを表現。

あとは自分の気持ちをLINEやメールで打ち込むだけ。

これで友達に気持ちをぶつけることができます。

 

打ち込んだあとには送信ボタンで立ち止まったり、何度も読み返して確認したりすることが多いと思います。

ですが時間をかけて打ち込んだのですから、友達もきっと理解してくれることでしょう。

友達とまた楽しい時間を過ごしている未来を想像して送ってしまいましょう。

数日後にはいつもと変わらない日々があなたを待っています。

勇気を出してLINEしてみましょう!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。