尾崎里紗アナの陣痛中の妊婦へのインタビューに批判殺到!?

この記事は2分で読めます

毎週火曜日に放送される「仰天ニュース」

平成から令和へ時代が変わる平成最後の4時間スペシャルが放送されました。

企画の1つに生中継として平成最後の日に生まれる赤ちゃんを産む妊婦さんに対して尾崎里紗アナがインタビューに向かいました。

 

しかし、その途中で陣痛中の妊婦さんにインタビューという行為をしたことで多くの方から批判が殺到しました。

尾崎里紗アナの陣痛中の妊婦さんに対するインタビューやネットでの反応について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

尾崎里紗アナの陣痛中の妊婦へのインタビューが酷い!

平成最後の日に生まれる赤ちゃんと両親に対してインタビューを行った尾崎里紗アナ。

しかし、その後陣痛中の妊婦さんに直接インタビューするという行為に。

陣痛中といえば非常にストレスや精神的に負担がかかる状況。

そのような状況の中でインタビューする行為は無神経すぎる行為だとして批判が集まりました。

スタジオ内でも「インタビューは良いから早く出て!」と中居さんや鶴瓶さん、出演者の方々も口を揃えて促していました。

 

そしてインタビューを終え、最後に「頑張って下さい」と応援する尾崎里紗アナ。

この行為はさすがにフォローするには難しいですね。

スタッフ側の命令だとしても、その通りに行ってしまう尾崎里紗アナもどうかと思いますね…

 

尾崎里紗アナの陣痛中の妊婦へのインタビューに対するネットの反応は?

 

まとめ

以上、尾崎里紗アナの陣痛中の妊婦さんに対するインタビューやネットでの反応について紹介しました。

これはさすがに妊婦さんや主婦の方の反感をかう行為ですね。

テレビだからという理由でも、もう少し常識ある行動をして欲しいものですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。