ワンパンマンの3期の放送日はいつから?ガロウ編のネタバレ!

この記事は6分で読めます

現在放送中のワンパンマン2期。

毎回すばらしい展開を見せてくれることで話題になっています。

ですがここでは次回に放送されるワンパンマン3期の放送日がいつからなのかについてみていきます。

 

また、ワンパンマン2期から登場したガロウも3期では大活躍をみせてくれるでしょう。

すでに実力高いヒーロー狩りのガロウですが、どこまで強くなるのか気になりますね。

そこでワンパンマン3期の放送日がいつからなのか、ガロウ編のネタバレを紹介していきます。

スポンサーリンク


ワンパンマンの3期の放送日はいつ?

2019年4月2日より放送がスタートしたワンパンマン2期。

ヒーロー狩りのガロウの登場やスーパーファイトのサイタマとの勝負など白熱したバトルが繰り広げられました。

サイタマの強さはもはや安心してしまうほどのレベルですね(笑)

 

2期でも盛り上がりをみせるワンパンマンですが、3期の放送日はいつなのでしょう。

原作でも各ヒーロー達の迫力ある闘いが凄まじいのでアニメでどのように描かれるのか期待ですね。

 

ワンパンマンの3期の放送日がいつなのか考察!


原作でも人気ランキングに掲載されているワンパンマン。

続編があるということで3期が放送されることも予想できますね。

ではワンパンマン3期の放送日がいつ頃になるのかみていきましょう。

 

ワンパンマン1期が放送されたのは2015年10月~12月までの全12話が放送されました。

そして2期は2019年4月2日から放送しています。

1期から2期までのスパンは3年半となりますね。

 

この流れでいけば、3期は3年半後となる2022年10月に放送開始となりますね。

ですが、実際は視聴者からの要望やグッズ等の売り上げ、スタッフの制作等により変動します。

 

他の作品で見てみると、同時期に放送している『進撃の巨人』

1期は2013年4月から9月まで、2期は2017年4月から6月まで放送されました。

1期が放送してから4年が経っているのでワンパンマンとほぼ変わりませんね。

 

ですが、3期(part1)はというと2018年7月から10月まで、3期(part2)は2019年4月から放送しています。

2期から1年経っての放送となります。

『進撃の巨人』のような変動もあるので一概には言えないのが現状です。

 

しかし『進撃の巨人』は世間でも多くの方に認知されるほど大人気漫画となりました。

そのため多くのファンやグッズ等の売り上げにも影響が出たのでアニメ放送日のスパンも変動したのでしょう。

となると、ワンパンマンも2期から3期までのスパンは変動する可能性があるということになります。

 

しかし、残念ながら『進撃の巨人』に比べると話題性や人気は劣っているので約2~3年後あたりが放送日になるのではないでしょうか。

2期をきっかけに大きな話題にもなれば、より短いスパンでの放送となるでしょうが。

スポンサーリンク


 

ワンパンマンの3期の放送日がいつ頃なのかみんなの予想!

こちらの記事でも3期について紹介していますが、SNSでは同じように放送日を予想する方もいます。

やはり人気の高いワンパンマンですから、早くアニメでも見たいですよね。

ネットではどのような反応や予想が多いのでしょうか。

 

1期から2期ということで大きな期待があったワンパンマンですが、評判が低いだけに期待する声が少ないようです。

それでもガロウの登場ということもあり、3期を希望する声も多いです。

ガロウ好きにとって3期はとても面白く、迫力ある闘いが多いので今から楽しみですね。

スポンサーリンク


 

ガロウ編のネタバレ

ワンパンマン3期ではガロウ編が中心に放送されます。

そこで放送前に把握しておきたいという方やネタバレが気になる方に見て頂ければと思います。

もしネタバレが嫌という方がいれば、ここで戻って頂ければと思います。

 

 

ここからネタバレとなります。

 

2期ではガロウと金属バットとの闘いやムカデ長老との闘いが行われました。

その後の続きとなります。

 

数々のヒーローとの闘いを繰り広げたガロウ。

その途中でヒーロー名鑑を手に抱えた子供と出会いました。

うざがりながらもヒーローの情報を手にしたいガロウは子供と仲良くなり、S級の番犬マンに挑みます。

 

しかし、サイタマと同様にやられてしまいボコボコにされてしまいます。

これまでのヒーローとの闘いや番犬マンにやられた傷が深く、一旦森の中にある隠れ家に休むことに。

そこでも偶然ヒーロー名鑑を持った子供と出会います。

 

しばらく話をしていると、8人のヒーローに囲まれてしまいます。

8対1という状況でさすがに追い込まれるガロウ。

しかし脳裏には子供を巻き込むことになるという心配がよぎります。

 

子供を巻き込まないように自ら外に出て8人のヒーローに挑むことに。

これまでも多くのヒーローを狩ってきたガロウですが、それぞれの個性や武器を活かした戦術により追い詰められていきます。

8人の連携プレーによりガロウは防戦一方。

長期戦になれば確実に敗れてしまいます。

 

そこでガロウは連携プレーの僅かな隙を拭うかのように反撃していきます。

ほんの小さくも一瞬の隙を逃すことなく、利用して次々に倒していきます。

そして最後に残ったヒーローのデスガドリングは、武器のガドリングガンを子供がいる隠れ家に向けて発射しようとしました。

それに気づいたガロウは子供を守るかのように家の前に立ち無数の弾丸を防ぎます。

 

隠れ家には一発も命中させずに受け流し、勢いのままデスガドリングも破ります。

これまでのヒーローとの闘いや8人のヒーローとの攻防が経験値として積み重なったこともあり、ガロウは覚醒に至ります。

 

闘いを終え、休息しようとしたのも束の間、ジェノスがやってきます。

ジェノスに引き続き、シルバーファングも到着。

弟子の不始末を片付けると語りガロウに向かっていきます。

 

覚醒し始めたガロウですが、師匠であるシルバーファングには全く歯が立たず、放つ技を全て返されてしまいます。

反撃する力も残っていないガロウは、このまま倒されてしまうのか・・・とその時に、怪人協会が現れてガロウを助けるために連れて逃げてしまいます。

連れて行かれたガロウはそのまま気を失います。

 

目が覚めると怪人王オロチの前に案内され、怪人の仲間になるか、一人でヒーローと戦い続けるのか選択を迫られます。

選択を迫られる中、なんとヒーロー名鑑を持つ子供と3度目の出会いをします。

いじめられている状況から助けたガロウですが、そこにキリサキングと蟲神が登場。

 

怪人協会にふさわしくないとして後をついていたようです。

そしてそのままバトルになりますが、ガロウの攻撃はびくともせず、切り裂かれて動けなくなってしまいます。

そして子供は連れていかれてしまいました。

 

しばらくして目が覚めたガロウ。

目覚めるとなんと切り裂かれた傷が治っているのです。

さすがに自身の回復力に驚きを見せていたガロウですが、子供を救うべく立ち上がり怪人協会のアジトへ向かいます。

そして敵わなかったキリサキングを何と一瞬で倒してしまったのです。

 

純粋に戦闘力が上がっているのがガロウ自身も分かっているのですが、ここから更に育ちすぎたポチや怪人王オロチと戦うことでどんどん速さ、攻撃力、技のキレが初期とはくらべものにならなうぐらいのレベルに達しました。

それでも育ちすぎたポチと怪人王オロチは怪人の中でも災害レベル竜以上なので、ガロウが倒すことはできませんでした。そんなガロウを見てオロチの生みの親であるギョロギョロは、オロチ以上の才能の持ち主だと考えていて、新たな最強の怪人候補としていました。

 

ガロウは、未だに自らが怪人化することを望まなければ、怪人協会と協力していこうという気もありません。

ガロウは自らの意思の元でヒーロー協会を潰そうと考えていました。ヒーローという存在は何のためにあるのか?守ってもらうんじゃなくて自分が強くなるしかないという信念があるからの行動でもありますが、真っ直ぐすぎる性格の持ち主でもあります。

 

正々堂々と戦うこともモットーにしているので、戦ってきたヒーローの全ては真正面から倒しています。そして注目するのが、成長度のスピードです。普通の人間にも関わらず、強い相手と戦えば戦うほど、技のキレが増してその破壊力やスピードも人間以上のものになっています。

逆境こそがガロウの成長の元と言ってもいいぐらいなので、この先の成長の度合いが計り知れないことと、いずれはサイタマとも良い勝負ができる存在になるのかもしれません。

そんなガロウにはこの先も目が離せません。

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。