水曜日のダウンタウン 無表情のおじさんは誰?出演ドラマや演技力は?

この記事は3分で読めます

毎週水曜日に放送される『水曜日のダウンタウン』の「人がいるシリーズ」企画に、仕掛け人として毎回登場する無表情のおじさん。

仕掛け人としてだからか、話したり笑うこともないため”怖い”、”実際に会ったらビビる”などの声があがっています。

 

毎回仕掛けられる芸能人の方たちを恐怖に変えてしまうほどインパクトの強い無表情のおじさん。

謎に包まれた無表情のおじさんが誰なのか気になりますね。

そこで、水曜日のダウンタウンに出演する無表情のおじさんが誰なのか、出演ドラマや演技力について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

水曜日のダウンタウンに出演する無表情のおじさんは誰?

『水曜日のダウンタウン』の人気企画の1つである「人がいるシリーズ」の仕掛け人として登場する無表情のおじさん。

様々な説を検証する中の1つで、”思いもよらない場所に人がいたら”というテーマでドッキリを仕掛けるという検証。

これまで「扉を開けると人がいる」や「運転席の後部座席に人がいる」、「目を覚まして起きると人がいる」というシチュエーションで登場しています。

毎回のように無表情で登場する姿に仕掛けられる方も大声で叫んだり、驚いた拍子に頭をぶつけるなどのリアクションをしています。

たしかに無表情でふとした瞬間に出てくると普通に怖いですよね。

仕掛け人としてピッタリな無表情のおじさんは一体どのような方なのでしょう。

 

「無表情のおじさん」と言われているこの男性は俳優の”白畑真逸”さんという方です。

映画やドラマはもちろん、舞台にも出演している役者です。

劇団や演技部門を併設したエキストラ事務所、タレント事務所に所属しています。

 

水曜日のダウンタウンに出演する無表情のおじさんこと白畑真逸のプロフィール


名前:白畑 真逸(しらはた しんいち)

生年月日:1965年11月10日

出身:埼玉県

身長:178cm

体重:65kg

趣味:旅行、英語、落語鑑賞

所属:株式会社アルファセレクション

 

水曜日のダウンタウンでは一切セリフを発することがありませんが、他の作品に出演する際にはしっかりセリフのある役柄で登場しています。

また、役者ということもあり演技力にも定評があるようです。

エキストラかと思っていましたが、役者さんだったとは思ってもいませんでした。

スポンサーリンク


 

水曜日のダウンタウンに出演する無表情のおじさんの出演ドラマや演技力は?

無表情のおじさんとして完璧に仕掛け人をこなす俳優の白畑真逸さん。

これまで水曜日のダウンタウン以外にも映画やドラマにも出演しているようです。

では、白畑真逸さんが出演した映画やドラマ作品、演技力はどのようなものでしょうか。

 

映画では『マスカレードホテル』の畑中和之役や『Father~俺の屍を超えてゆけ~』の売人シロ役、『究極の幸せ』の原田部長役などを演じています。

主役ではなく、脇役として出演することが多い白畑真逸さんであるが、作品の世界観にハマった役柄を完璧にこなしており、脇役でありながら主役を引き立てる演技が注目されています。

また、出演ドラマでは『幽かな彼女』の秘書役、『プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』の裁判長役、『半分、青い。』の第64回編集者役としても出演しています。

話題作となった作品に出ていたとは知りませんでした。

落ち着いた印象で声も渋く、上司や裁判官のような上役にピッタリな方ですね。

 

まとめ

以上、水曜日のダウンタウンに出演する無表情のおじさんが誰なのか、出演ドラマや演技力について紹介しました。

無表情のおじさんとして登場する方は俳優の”白畑真逸”さんであると判明しました。

これまでドラマや映画、舞台で活躍されている役者だとは思ってもいなかったので驚きです。

 

数々の話題作にも出演していることから演技力にも脇役としての魅力も高く、型にハマった演技が評判です。

毎回無表情で登場するだけに、実際に演じているシーンも見てみたいですね。

今後も水曜日のダウンタウンで無表情のおじさんとして仕掛けていくので、毎回目が離せませんね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。