FateHFの映画第3章のネタバレを紹介!結末は原作の〇〇エンドと考察!

この記事は9分で読めます

Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章が2020年の春に公開されることが発表されたことで、待ち遠しいという声が多いですね。

最終章ともなる第3章はこれまで以上に迫力あるシーンが多く、目を離す暇もないほど完璧な作品に仕上げてくるでしょう。

第1章、第2章と重ねるたびに完成度が上がっているFate/stay night [heaven’s feel](HF)は本当に素晴らしい作品です。

 

Fate/stay night [heaven’s feel](HF)最終章ともなる第3章。

原作を知っている方はもちろん、映画のみを楽しみにしている方もいることでしょう。

少しでも知りたい、復習として知りたい方に向けてネタバレとして第3章の内容を紹介していきます。

また、結末も原作のどちらのエンドになるのかも考察していきます。

【Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の関連記事】

FateHFの映画第3章の公開日はいつ?前売り券の特典や発売日は?

スポンサーリンク


Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章のネタバレを紹介!

ではここから、第2章の続きであるネタバレを紹介していきます。

 

 

完全に「影」に浸食されてしまった桜は、臓現の指示でイリヤを攫います。

聖杯の起動に必要なイリヤを攫うべく、凛を戦闘不能にします。

最早動けるのは士郎1人となり、完全に臓現の勝利に王手がかかってしまいます。

しかし、そんな中で「イリヤを奪還するためなら協力してもいい」と言峰綺礼が協力を申し出てきたことで、士郎と綺礼でタッグを組みアインツベルンの森へと赴きます。

 

イリヤの奪還は簡単で、士郎や凛のことなんて眼中になかった臓現。

イリヤが攫われても再び取り戻すのも容易だと考えていたのでしょう。

彼らはその場から離れアインツベルンの森を駆けますが、臓現の手駒が放たれます。

 

追ってきたのはアサシンと「影」に吸収されたバーサーカーでした。

アサシンの足止めをするべく綺礼が残り、バーサーカーから士郎とイリヤで逃げ切ろうとします。

ですがバーサーカーからは逃れることができずに追い詰められてしまいます。

 

士郎vsバーサーカー

迫りくるバーサーカー。

逃れる方法はただ1つ・・・「アーチャーの左腕を開放することで闘うこと」

ですが、それは諸刃の剣であり、人の身である士郎には扱いきれない力です。

使ってしまえば確実に人としての士郎はアーチャーという英霊に擂り潰されてしまいます。

 

ですがここで躊躇していてはイリヤを救うことも桜を助けることもできない。

覚悟を決め、アーチャーの左腕を解放したことで英霊エミヤの知識と力がなだれ込んできます。

封印を解いただけで意識が飛びそうになる士郎であったが、アーチャーの背中を追い・・・

 

投影したのは巨大な大剣。

バーサーカーの大剣を技量ごとトレースし、「ナインライブズブレードワークス」として放ちます。

音速さえも凌駕して放たれた一撃であったが、バーサーカーは止まりません。

さらに一歩、とどめを振り下ろしますが、その一撃でさえも回避する英霊。

もはや士郎にとって為す術もなく、勝敗は決したかと見えた刹那・・・

 

イリヤを見つけたとたんピタリと動きを止めました。

そのスキをついた士郎はバーサーカーに勝利し、イリヤを士郎に託して姿を消します。

 

決戦への準備

イリヤを無事に救助した士郎だったが「アーチャーの左腕」により意識を失います。

一方、桜も「影」の浸食が進み、人格が徐々になくなっていきます。

完全になくなった時こそ「影」に身体を奪われ聖杯が完成するのです。

聖杯が完成する前に、桜を殺すか、「影」を切り離すしか手は残されていません。

猶予は残り半日。最後の闘いに向け準備が行われます。

 

最終決戦の前にイリヤから聖杯戦争の秘密と正体について、桜の「影」の正体を明かします。

その正体は”アンリマユ”。第3次聖杯戦争の際に、聖杯の中に混入してしまった異物です。

臓現は”アンリマユ”を制御するために桜に聖杯の欠片を埋め込むことで小聖杯の機能を与えました。

”アンリマユ”は受肉するために桜の身体を「影」で乗っ取ろうとしていたのです。

スポンサーリンク


大空洞での最終決戦

倒すべき黒幕を知った士郎、凛、ライダーは”アンリマユ”のいる大空洞へと向かいます。

士郎・凛・ライダーvs黒桜・暗黒化したセイバーの戦いとなります。

(臓現は桜の手で敗れています。)

 

セイバーオルタと黒桜はいずれも強敵で、真向から向かえば全滅は間逃れません。

そこで策を用意し、士郎&ライダーvsセイバーオルタ、凛vs黒桜と相手取ります。

最終決戦の幕が切って落とされます。

ライダーの俊敏性を活かした動きでセイバーオルタに奇襲をかけます。

ここでさらに魔眼を開放し、セイバーオルタの動きを鈍らせるも圧倒的な力を前にライダーは追い詰められます。

そんな中、士郎は両者の戦いを見守りながら「あるチャンス」を待ち続けます。

 

追い詰められたライダーは最後の抵抗としてセイバーオルタを数秒止め、宝具を発動させます。

しかし、セイバーオルタも漆黒の聖剣を構えたことで同時に発動することに。

ここでの力の差は歴然。ライダーの宝具は火力が足りないためセイバーオルタの宝具に勝てません。

ですが、これこそ士郎が待ち続けた「チャンス」なのです。

 

ライダーの宝具に合わせ、用意していた「ある宝具」を投影する士郎。

アーチャーにとって最大の守りである「熾天覆う七つの円環」

この盾に守られながら極光の中を前進するライダー。

遂にライダーの宝具がセイバーオルタの身に届きました。

 

しかし吹き飛ばされたセイバーは身動きが取れないものの未だ健在。

とどめをさそうとセイバーに短剣を向ける士郎。

すると、「シロ、ウ?」ーーセイバーがぼんやりと士郎を見上げました。

かつての相棒であったセイバーだったが、士郎は彼女との思い出を断ち切るように短剣を振り下ろします。

「運命の人」を手にかけ桜の元へ駆けます。

スポンサーリンク


凛vs黒桜

一方で、凛と黒桜との戦いも大詰めを迎えていました。

無尽蔵の魔力でサーヴァントにも匹敵するほどの使い魔を量産する黒桜。

魔力量は膨大であり、魔術師どころかサーヴァントでさえ勝利はできないでしょう。

しかし、そんな状況下で圧しているのは、凛でした。

 

凛が手にして戦うのは宝石剣。

無尽蔵の魔力を引き出す第2魔法の産物です。

士郎に投影してもらったカレイドスコープを武器に桜の影を薙ぎ払っていきます。

互いに無尽蔵の魔力を用いて戦うため、実力としては互角・・・しかし決定的なのは経験の差。

凛は桜を殺そうと近づきますが、「あ、ダメだこれ」

凛の性格でもあるうっかりが最後の決戦にして悟ってしまいます。

最期の最期で、最愛の妹を殺すことができないと悟っとスキを影に身体を貫かれてしまいます。

 

セイバーを倒した士郎が駆けつけると、倒れた凛と「影」に必死で抵抗する桜がいました。

凛が桜を守ろうと身を挺して庇ったことで正気を取り戻したのです。

あとは桜から「影」を引き離すことで解決します。

 

「影」に抵抗する桜に歩み寄る士郎。

ここである投影をします。

全ての契約を断つキャスターの宝具である「破戒すべき全ての符」

宝具の効果でアンリマユとの契約を断った桜は元の姿に戻ることができました。

 

これより先はこの後に記載しています。

【Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の関連記事】

FateHFの映画第3章の公開日はいつ?前売り券の特典や発売日は?

スポンサーリンク


Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の結末は原作の〇〇エンド?

先ほどまでFate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章のネタバレを紹介しましたが、最終エンドはこちらで紹介します。

というのも、Fate/stay night [heaven’s feel](HF)には2つのエンドがあり、ノーマルエンドとトゥルーエンドで分岐されているからです。

そのため、ここからはノーマルエンドとトゥルーエンドそれぞれについてネタバレとして紹介します。

 

Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の原作のノーマルエンドをネタバレ!

桜からアンリマユとの契約を断ち、ライダーに桜と凛を任せた士郎。

大聖杯が爆発する前に破壊するため一人で歩み寄ります。

 

このときには士郎の身体はボロボロで手の施しようがない状態。

「アーチャーの左腕」による投影を3度も行ったことで士郎の中身は空っぽでした。

それでも桜のために、大聖杯を閉じるために最後の投影を始めます。

 

投影するのは士郎が知りうる最強の剣である「約束された勝利の剣」

その剣の法具である”エクスカリバー”により大聖杯を破壊しました。

そして士郎はそのまま・・・。

 

償いの花

無事にアンリマユとの契約を断つことができた桜。

身体も元に戻り、これまでの出来事が夢のようだと感じています。

目を覚ました桜は士郎を探しますが、彼の姿はどこにも見当たりません。

士郎が衛宮家に帰ってくることを待ち続けます。

 

待ち続けて、いつしか季節は春になっていました。

ですが、やはり彼は帰ってきません。

なくしたもの、奪ったものはもう二度と元に戻ることはありません。

 

しかし桜は彼を待ち続け、罪を償うように花の種をまきます。

春になっては種をまき、春になっては種をまき・・・。

いつしか家の中は償いの花でいっぱいになって、「遅いなぁ先輩。これじゃわたし、おばあちゃんになっちゃいますよ?」

スポンサーリンク


Fate/stay night [heaven’s feel](HF)原作のトゥルーエンドをネタバレ!

ライダーに桜と凛を任せ、大聖杯が爆発する前に破壊するため一人で歩み寄る士郎。

しかし、ここで1人の男が彼の前に現れます。

その男の名は・・・言峰綺礼。

アンリマユを守るようにして士郎の前に立ちふさがります。

 

士郎vs綺礼

3度の投影によりボロボロの士郎。

対してアサシンとの戦闘で黒桜に敗れた綺礼。

両者はどちらも残り僅かな命。

勝敗がどうであれ、彼らは命を落とします。

 

ですが士郎は「アンリマユの誕生を否定するため」、綺礼は「絶対の悪の誕生を祝うため」に最後の戦いが始まります。

己の拳が砕けるのも構わず殴る綺礼。

己の身体が砕けるのも構わず守る士郎。

お互い絶対に譲らず、「己の限界を賭けた」戦いでもあります。

 

先に力尽きたのは士郎でした。

とどめをさそうとする綺礼であったが、再び立ち上がる士郎。

しかし、それでも綺礼には届かず体力も失う士郎であったが、先に時間切れを起こしたのは綺礼でした。

 

士郎にとどめをさすまで数センチのところで停止し、「お前が最後のマスターだ」と語りかけます。

「聖杯を前にして、その責務を果たすがいい」と監督役として見送った綺礼は、この世界から姿を消しました。

そして「約束された勝利の剣」を投影し、大聖杯を道連れにしようとした彼ですが・・・

 

奇跡の果て

「ううん、士郎は死なないよ。だってこの門を閉じるのは私だから」と1人の真っ白な少女が彼の前に姿を見せます。

イリヤは士郎の身代わりとして大聖杯を閉じようとします。

「兄貴は妹を守るものだから」と懸命に引き留めようとします。

 

しかし、イリヤは笑って「ええ、私はお姉ちゃんだもん。なら弟を守らなくちゃ」と語ります。

必死に彼女の名前を叫ぶ士郎。

ですが最後に「じゃあね」と微笑んで大聖杯の門を閉めました。

彼女に行使されるのは第3魔法の奇跡。

ボロボロの身体で士郎は、それでも手を伸ばし続け・・・。

 

約束の花

月日は流れて春に。

ロンドンに留学していた凛は久しぶりに衛宮家に訪れ、出迎えたのはライダー。

ライダーはあの闘いの後も桜のサーヴァントととして現界し続け、彼女の護衛をしています。

今では衛宮家に住んでいる桜。

 

そして、そこにはもちろん士郎もいます。

士郎はイリヤの第3魔法によって命を取り止め、アーチャーの左腕の影響もありません。

あの闘いから2年が経ち、みんな元気を取り戻していました。

そうして彼らは今年も約束のお花見へ。

仲睦まじく約束の花を眺める彼らーーーその輪の中で、桜と士郎も幸せそうに笑いあっていました。

【Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の関連記事】

FateHFの映画第3章の公開日はいつ?前売り券の特典や発売日は?

スポンサーリンク


Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の結末は原作のトゥルーエンドと考察!

ノーマルエンドとトゥルーエンドの2つに分かれるFate/stay night [heaven’s feel](HF)。

どちらのエンドも桜に対する見方によっては賛否両論になることでしょう。

ですが個人的な意見として、第3章の結末は原作のトゥルーエンドで完結すると考察します。

 

トゥルーエンドで完結する理由として、第2章の本編終了後に放送された予告映像で桜の花びらをバックに公開日が発表されました。

この映像を観た瞬間に「士郎と桜、凛とライダーの4人で桜を見に行って、士郎と桜の約束を果たすんだなぁ」と素直に思いました。

間桐から救い出してくれたこと、最後まで桜だけを見てくれていたことに感謝する桜の笑顔が浮かびました。

また、第2章ではイリヤと公園でのやりとりもあったことから、トゥルーエンドに至るまでに士郎と兄妹として信頼が築けています。

なので大聖杯を閉じる役目を負うために登場するのではないでしょうか。

 

何より映画として放送される以上、やはりハッピーエンドで完結するのが一般的でもあります。

ノーマルエンドを推奨する方にとっては「嘘だろ」と思われるかもしれませんが、個人的にはトゥルーエンドで完結して欲しいですし、何より観たいというのが本音です(笑)

第3章をどのように完結させるのか見物ですね!

 

まとめ

以上、Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章のネタバレと結末の原作エンドについて考察しました。

どの場面も見逃せない熱い展開が待っている第3章。

大スクリーンで見られると思うと興奮が冷めませんね。

結末もどちらのエンドで完結させるのか楽しみです!

【Fate/stay night [heaven’s feel](HF)の第3章の関連記事】

FateHFの映画第3章の公開日はいつ?前売り券の特典や発売日は?

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。