竹内太一の経歴や出身大学・年収は?鰹のタタキは楽天のネット通販で買える?

この記事は5分で読めます

東京で味わえる郷土料理として、土佐料理の「祢保希(ねぼけ)」が注目されています。

そんな「祢保希(ねぼけ)」を運営する「土佐料理 司」の3代目である竹内太一さんが2019年5月30日に放送される『カンブリア宮殿』に出演します。

土佐料理の代表格でもある鰹のタタキは人気№1メニューでもあり、リピーターが多くいるようです。

楽天のネット通販で購入することもできるとのことですが本当なのでしょうか。

 

「土佐料理 司」3代目の竹内太一さんは地元の高知県を盛り上げるために企業との連携により地域活性化を図るほど素晴らしい経営者です。

サバイバル経営術を営む竹内太一さんですから経歴や大学、年収は相当凄いのではないでしょうか。

そこで竹内太一さんの経歴や出身大学・年収について、人気メニューの鰹のタタキは楽天のネット通販で購入可能かについて紹介していきます。

スポンサーリンク


竹内太一の経歴や出身大学・年収は凄い!?

東京都内の郷土料理が味わえるお店として人気の「祢保希(ねぼけ)」

5店舗も展開するほどの反響で「祢保希(ねぼけ)」を運営している「土佐料理 司」の3代目・竹内太一さんとは一体どのような人物なのでしょうか。

 

日本の経済を支える方々をゲストに迎える『カンブリア宮殿』にも出演するほどなので実力ある経営者であることは間違いないでしょう。

それでは竹内太一さんについて紹介していきます。

 

竹内太一の経歴とは?


「土佐料理 司」の社長を務める竹内太一さんは1953年生まれで高知県出身です。

地元の小学校・中学校・高校を卒業しており、大学卒業した後に祖父の代から続く「株式会社加寿翁」に入社。

常務・専務を経験することで1996年に3代目社長に就任しました。

土佐料理店「祢保希(ねぼけ)」や「司」、黒潮料理「酔鯨亭」を運営しながら一般社団法人『海の幸を未来に残す会』の代表理事も務めています。

 

竹内太一さんの祖父は大正6年から割烹を経営しており、父親は祖父のお店を継がずに中華料理店を経営していました。

しかし、その後に土佐料理という高知にこれまでなかった食材や料理を発見したことで新たに開拓しました。

幼い頃から飲食店に縁のあった環境で育った竹内太一さん。

 

大学に入学したのと同時に家族で上京して、赤坂に「祢保希(ねぼけ)」第一号店を開店。

当時住んでいた自宅は第一号店のビル4階だったそうです。

 

竹内太一さんは大学を卒業するまでは外資系の会社に勤めることが目標だったため、3代目社長として受け継ぐつもりはなかったのです。

しかし大学卒業を目前に母親から”店舗の人手不足により家業を継いで欲しい”と頼まれたのです。

既に外資系の会社から内定をもらってはいたものの、強く志望していたわけではなく、昔から傍で見ていた飲食業界に興味があったことから家業を受け継ぎました。

 

入社してからは調理見習いで、1年半後に新宿の2店舗目の店長を任されることに。

最初はベテランの番頭さんから教わり、乗り切ることができたものの、店長になってからは人が定着しない問題に悩んだようです。

そのため毎日休むことなく忙しい中働き続けていました。

 

そんな中で竹内太一さんは魚の品質にこだわった仕入れの改革を行うようになります。

ひとつの食材に対して、高知県だけではなく複数の産地から仕入れるというもの。

品質を安定して供給できるよう全国各地に出向くことで産地開拓を行った結果、今では朝獲れの天然魚を店舗で毎日提供できるように体制が整っています。

 

竹内太一さんが46歳の頃に3代目社長に就任。

当時はバブル崩壊による多額の借金があったそうですが、20店舗あったお店を徐々に撤退させることで既存店の売り上げを回復させていきました。

このときに店舗数を少なくしても美味しい料理を提供することでお客様に喜んで頂けるお店づくりをしなければいけないということを痛感したとのこと。

 

経営者となった竹内太一さんは人材育成制度やメニュー開発をはじめとした企業戦略に力を入れており、社会の進歩発展に貢献することを目指して活躍しています。

また、『海の幸を未来に残す会』の社会活動を通じて日本の水産資源を再生する一助となることを使命として今後も引き続き活動を行っていきます。

スポンサーリンク


竹内太一の出身大学とは?

竹内太一さんの出身大学は東京都千代田区に位置する明治大学商学部です。

多くの芸能人が卒業している名門大学で、偏差値55~62.5の難関校でもあります。

特に商学分野に力を入れており、多数の著名なOBOGを輩出しています。

 

高校時代から相当な勉強を積んできたのでしょうか。

大学はヨット部に所属していたようで、分部両立も図って学校生活を過ごしていたようです。

 

竹内太一の年収とは?

竹内太一さんの会社「株式会社 加寿翁コーポレーション」の資本金は3000万円です。

今や数多くの店舗を展開しており、売り上げも上昇しているとのこと。

また、社長という代表取締役でもあるため年収としては約1000万以上ではないでしょうか。

今後も多くのリピーターがつけば、より売り上げも上昇するので年収も膨れ上がるのではないでしょうか。

 

竹内太一の「土佐料理 司」の鰹のタタキは楽天のネット通販で購入可能?

『カンブリア宮殿』に出演する竹内太一さんは土佐料理店「司」を代表として紹介していました。

中でも人気メニューとなっている鰹のタタキは全国にファンがいるほど人気の逸品料理となっています。

 

皮目はパリっと香ばしく、旨味をギュッと閉じ込めた極上レアの絶妙な仕上がりになっています。

職人が追及する理想の鰹のタタキとして創業時からこだわり続けた味です。

 

全国にもリピーターがいるほど絶品と評価の高い鰹のタタキですが、実は楽天のネット通販で購入することができます。

冷凍便として届けられるため、鮮度も抜群で安定の品質で召し上がることができます。

お祝い事としても購入する方が多いので、イベントや記念日等で購入してみてはいかがでしょう。

 

 

 

まとめ

以上、竹内太一さんの経歴や出身大学・年収について、人気メニューの鰹のタタキは楽天のネット通販で購入可能かについて紹介しました。

3代目社長ということもあって、これまで多くの経験を積んできた竹内太一さん。

今後もますます活躍されることでしょう。

 

また、鰹のタタキは本当に絶品の一品です。

納得のいく美味しさなので一度召し上がることをオススメします。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。