【TDS】ソアリンの感想は酔うって本当?待ち時間回避・ファストパス取得方法について調査!

この記事は5分で読めます

東京ディズニーシー(TDS)に新アトラクションとして2019年7月23日にオープンした「ソアリン・ファンタスティック・フライト」が大きな話題となっています。

オープン当日には平日でありながら、既に6時間待ちという恐ろしい待ち時間にまで至りました。

ソアリンだけでなく、ファストパスの取得方法やショーなども新しくなったことで楽しみが増えましたね。

 

オープンして約6時間という待ち時間を叩き出した「ソアリン・ファンタスティック・フライト」。

ですが乗った方からの感想が”酔う”、”酔いすぎた”などの声があがっているようです。

また、ソアリンに乗るために待ち時間の回避方法やファストパスの取得方法も知りたいですね。

そこで東京ディズニーシー(TDS)のソアリンの感想は酔うって本当なのか、待ち時間回避・ファストパス取得方法について調査していきます。

スポンサーリンク


東京ディズニーシー(TDS)にソアリンがオープン!

2019年7月23日(火)に東京ディズニーシー(TDS)に新アトラクションとしてオープンした「ソアリン・ファンタスティック・フライト」。

上下左右に動くシートに座りながら、世界の観光地を映像で空中散歩しているような感覚に包まれるアトラクションとなっています。

海外でも人気高いアトラクションがついに日本にも上陸したことで大きな話題となっています。

特に日本のソアリンには海外にはない日本の観光名所が映像に映し出される日本限定仕様となっています。

 

オープンした23日には開園直後の午前10時の時点で350分を超える待ち時間に達しました。

平日でありながら約6時間という驚異的な記録を叩き出したことでSNSでも注目となりました。

既に乗った方の感想や評価も口コミにあがっており、乗っていない方には非常に楽しみなアトラクションとなっています。

これまでのディズニーにはなかった新感覚のアトラクションなので大人から子供まで楽しめること間違いないですね。

 

東京ディズニーシー(TDS)のソアリンの感想は酔うって本当?

海外でも人気アトラクションとして注目されているソアリンがついに東京ディズニーシー(TDS)に登場しました。

約6時間という行列の中、並んで乗った方も既に多くいて様々な感想があがっています。

ですが、そのほとんどが”酔う”という感想ばかりとなっているようです。

乗り物酔いしやすい方にとってはキツイ乗り物になってしまいますが、果たして本当にソアリンは酔いやすいアトラクションなのでしょうか。


調査してみると、酔うことはほとんどないとのこと。

ソアリンは比較的ゆったり椅子が動くため、乗っている感覚を感じないほど映像を楽しむことができる仕様になっています。

実際に三半規管が弱い方が乗っても全く酔わなかったとの感想もあがっています。

三半規管が弱い方にとって、ソアリンも酔いやすいアトラクションの1つとして心配してしまいますよね。

仕様としてはユニバーサルスタジオジャパンのアトラクション「ハリーポッター」の乗り物と同じ仕様でもあるので、ハリーポッターで酔えばソアリンも・・・と思うのも無理ないですね。

 

TDSの映像アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」やTDLの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」でも酔ってしまう方でも大丈夫です。

ソアリンに乗った方は「ソアリンは酔う心配ない」というコメントがほとんどなので、安心して乗って頂ければと思います。

もしどうしても不安であれば乗る前に酔い止めの薬を飲むことをオススメします。

スポンサーリンク


東京ディズニーシー(TDS)のソアリンに乗るための待ち時間回避・ファストパス取得方法を調査!

新アトラクションということで長蛇の列になっているTDSのソアリン。

待ち時間は約6時間を超え、ファストパスも午前中に無くなるという状況にまでなっており、とても乗れそうな感じはありませんよね。

そこでソアリンに乗るために待ち時間の回避方法やファストパス取得方法を調査していきます。

 

TDSのソアリンの待ち時間を回避する方法を紹介!

通常であれば6時間を超える待ち時間となっています。

乗りたいとは思いながら待ち時間を見るとどうしても並びたくはないですよね。

そこで待ち時間を回避するための方法が「ハッピー15エントリー」というシステムです。

 

「ハッピー15エントリー」とは、ディズニーリゾートの直営ホテルに宿泊すると使える限定システムで、15分早くパークに入園することができるサービスとなっています。

つまり、普通の方より15分早く入ることができるというわけです。

15分と聞いても”短い”と感じるかもしれませんが、ディズニーでの15分は非常に大きい時間です。

通常通り入園した方がソアリンに向かう頃には既に並んでいる状態になっているというわけですから使わない手はないですね。

 

東京ディズニーリゾートの直営ホテルは全部で4つあります。

・東京ディズニーランドホテル

・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

・ディズニーアンバサダーホテル

・東京ディズニセレブレーションホテル

 

上記の4つのホテルのどこかに宿泊すると使えるサービスなのでソアリンに乗るために宿泊するのがベストですね。

 

また、ソアリンの待ち時間を回避する方法はもう1つあります。

それが「バケーションパッケージ」という特別宿泊プラン。

このプランの中にある「ファストパス特典」を使います。

 

「ファストパス特典」には2種類あり、AとDに分けられています。

ソアリンに乗る場合には必ずファストパス・チケットAのプランを選びます。

Aのファストパスは”ファストパス対象アトラクションなら時間も種類も制限なしで1度だけ使用することが可能”という素晴らしいサービスです。

公式サイトにバケーションパッケージの詳細がありますので、是非チェックしてみて下さい。

 

TDSのソアリンのファストパス取得方法を紹介!

ソアリンに乗るためには早く入園することができる「ハッピー15エントリー」や並ばずに乗ることができる「ファストパス特典」のシステムを利用することで乗ることができます。

ですが、こうしたシステムを利用するにはどうしてもお金がかかってしまいますね。

しかも午前中にはファストパス発行も終了してしまいます。

ではお金をかけずにファストパスを取得する方法を紹介します。

 

ソアリンのファストパスを取得する方法は開園と同時にオンラインでファストパスを取得することです。

開園してしばらくすると、既に発行が終了してしまうソアリンですが開園と同時に発行してしまえばほぼ確実にファストパスの取得が可能です。

もちろん、通信の影響や入園のタイミングで夜以降の時間になることもありますが、開園してすぐであれば無くなるなんてことはまずあり得ません。

どうしても乗りたいという方は開園前に待機して、入園したと同時にファストパスを発行することが必要です。

 

ディズニーだけでなくユニバでもそうですが、お金をかけて乗るか時間をかけて乗るかのどっちかになってしまいますね。

どちらを取っても楽しめるわけですが、一緒に行く方と相談して決めて頂ければと思います。

 

まとめ

以上、東京ディズニーシー(TDS)のソアリンの感想は酔うって本当なのか、待ち時間回避・ファストパス取得方法について調査しました。

しばらくの間は乗るのが困難なソアリン。

どのように工夫して乗るかは一緒に行く方やお金と相談して決めていって欲しいと思います。

非常に乗りやすいアトラクションで酔う心配もないため、どんな方でも楽しめるアトラクションとなっています。

新しくなったディズニーシーを思いきり楽しみたいですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。