佐々木蔵之介のキスシーンが下手だと話題に!?歴代彼女はいたの?

この記事は5分で読めます

テレビドラマや映画に主演として数多く出演する俳優の佐々木蔵之介さん。

『ハンチョウ』シリーズなどの話題作に出演することで主役を張れる日本男優の中でトップ10に入るほどの実力派俳優として有名ですね。

 

ドラマ『黄昏流星群』の瀧沢完治役としてエリートサラリーマンを演じています。

これまで警視庁の警視など正義感が強く、誠実で真面目な役柄を演じてきたこともあり、今作の役もピッタリハマっていますね。

 

多くの話題作に出演することで幅広い役柄をこなすことで演技力にも定評の高い佐々木蔵之介さん。

ですが、佐々木蔵之介さんのキスシーンが下手だと話題になっています。

ドラマ『黄昏流星群』では1話から所々でキスシーンが多く見られるのですが、その際のキスをする演技が下手という辛辣なコメントが殺到しています。

「佐々木蔵之介のキスが気持ち悪い」「佐々木蔵之介のキス下手くそ」「佐々木蔵之介怖いんだけど」などの声が挙がっています。

警視庁の警視などの役柄のイメージが強い分、そのように感じるのでしょうか。

 

キスシーンが下手と話題になっている佐々木蔵之介さんの『黄昏流星群』に合わせて、歴代の彼女に関する恋愛経験についても紹介していきます。



スポンサーリンク

 

佐々木蔵之介のプロフィール


1968年2月4日に京都府京都市上京区で生まれた佐々木蔵之介さん。

実家が京都市でも洛中に唯一残っている作り酒屋「佐々木酒造」で、3代目次男にあたります。

 

実家が酒屋ということもあり、利き酒が得意のよう。

また、かなりの酒好きで共演者の方々とよく飲みに行くこともあるそう。

実家が酒屋さんだとお酒には強いのでしょうか。

 

身長は182cmの高身長で血液型はO型です。

スタイルが良くて180cm越えはモデル並みですね。

 

ケイファクトリーの事務所に所属しており、俳優として数々の話題作に出演しています。

主な作品としては、主演ドラマ『ハンチョウシリーズ』やドラマ『僕の歩く道』、『救命病棟24時』などの作品に出演。

『電車男』や『岳-ガク-』などの映画や舞台、ドキュメンタリーなど幅広く出演しています。

 

劇団「惑星ピスタチオ」に入団したことで俳優として活動を開始。

ですが、元々実家の酒屋の家業を継ぐ予定であった為に反対され続けていました。

ですが、劇団を辞め、上京した後のNHK連続テレビ小説『オードリー』にて俳優として注目を浴びたことがきっかけで家族に認めてもらうことで、俳優として本格的に活動できるようになったそう。

 

実家を継ぐというプレッシャーの中でも俳優としての道を諦めず続けていった佐々木蔵之介さん。

俳優としてやっていけることを実力で見せつけたその姿はカッコイイですね。

 

また、『スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)』という市川猿之助が主演を務める舞台に出演したことで歌舞伎としてもデビューした。

俳優として歌舞伎以外の方が舞台に立つことは当時では初めてのことだったので、歌舞伎業界では異例の事態として話題にもなったそう。

ドラマや映画、舞台だけでなく、歌舞伎としても活躍することで俳優としての新たな道を作ってきた佐々木蔵之介さん。

家族にとっては誇らしい自慢の息子さんですね。

 

佐々木蔵之介のキスシーンは下手!?

数々の話題作に出演することで演技派俳優ロして注目されている佐々木蔵之介さん。

ですが、ドラマ『黄昏流星群』でのキスシーンが下手だと話題になっています。

 

佐々木蔵之介さんが演じる瀧沢完治と不倫相手の目黒栞を演じる黒木瞳さんとのキスシーンがきっかけで話題となっています。

キスをする際の佐々木蔵之介さんの口が「タコチュー」で気持ち悪い、キスをする勢いが怖いといった声が上がっています。

佐々木蔵之介さんのキスをラクダのように例えて非難する声も挙がるほど下手だと多くの方がコメントしています。

「これも演技の1つなのでは?」「瀧沢完治としてのキャラを意識して演じているのでは?」といった否定的でない声もありますが、それも数少ない声に過ぎません。

多くの視聴者が佐々木蔵之介さんのキスを下手だとしてコメントするくらいキスをする演技が良くないのでしょう。

 

また、5話での中山美穂さん(夫婦の瀧沢真璃子役)とのキスシーンも話題となっており、同じ指摘が相次ぎました。

そのため、『黄昏流星群』を視聴する方の中には佐々木蔵之介さんのキスシーンを非難することを楽しみにする方もいるとのこと。

趣味の悪い方もいるんですね・・・キスシーンが苦手な方なんて多くいるはずなのに、、

苦手な方でも真剣に演技に取り組んでいるのですから、むしろ応援するべきだと思いますね。

 

それでも佐々木蔵之介さんのキスシーンを下手として非難する声が多いのも事実。

キスをする口だけでなく、佐々木蔵之介さんの表情が怖いということもあり、より下手として受け取るようです。

今後も佐々木蔵之介さんのキスシーンでは非難する声が相次ぐのでしょうか。



スポンサーリンク

佐々木蔵之介の歴代の彼女は?

キスシーンが下手として話題となっている佐々木蔵之介さんですが、これまでの恋愛経験がどうだったか気になりますね。

キスシーンが下手なので恋愛したことがあるのか、付き合ったことはあるのか、と恋愛についてどうだったのでしょう。

そこで、これまで佐々木蔵之介さんが熱愛報道された歴代彼女について紹介していきます。

 

1.女優の小野真弓

女優・モデルとして活躍する小野真弓さん。

ドラマ『三十路の女』で共演したことをきっかけに、2004年熱愛報道されました。

ドラマ内では濃厚なキスシーンもあったこともあり、恋愛に発展したのではとされています。

 

また、小野真弓さんは佐々木蔵之介さんと同じマンションに住んでいるという噂もあったことで、同棲しているのではと報道されていました。

ですが、2人が否定したことで住んでいるマンションが同じだっただけとして流されました。

そのため、実際に付き合っていたかどうかはわかりませんが、2人が否定していることから付き合ってはいないと捉えるしかないようです。

 

2.女優の天海祐希

女優として数々の話題作に出演する天海祐希さん。

佐々木蔵之介さんと共演することが多かったこともあり、熱愛報道として上がっていました。

 

佐々木蔵之介さんが天海祐希さんの実家にいたという証言をきっかけに熱愛報道されたそう。

ですが、その後は付き合っているという情報がなかったのでデマだったとされています。

 

3.女優の比嘉愛未

ドラマ『コード・ブルー-緊急救命』や『天地人』などに出演する比嘉愛未さん。

佐々木蔵之介さんと共演したドラマ『ハンチョウ』で共演したことをきっかけに熱愛報道されました。

 

ですが、こちらも共演したという情報のみで、付き合っているという証拠はありませんでした。

共演したという情報だけで熱愛報道されては出演者も迷惑ですね。

 

4.女優の深田恭子

深キョンとして呼ばれるほど人気の高い女優、深田恭子さん。

映画『超高速参勤交代』で夫婦役で共演したことがきっかけで熱愛報道されました。

 

ですが、その後も付き合っているという情報が出なかったためデマだった可能性が高いです。

実際に付き合っていたかは不明ですが、恐らく付き合ってはいなかったと思います。

 

熱愛報道されていた佐々木蔵之介さんですが、どの方も証拠となる情報が出なかったこともあり、実際に付き合っていたのかはわかりません。

情報として出なかっただけで、本当は付き合っていたのかもしれません。

ですがどれも共演したという事実がきっかけで熱愛報道されていることから、デマである可能性が非常に高いですね。

 

デマだとすると佐々木蔵之介さんのキスシーンも納得できるのではないでしょうか。

恋愛経験が少ないからこそ下手なのではないかとも捉えることができますが・・・。

今後の熱愛報道に注目してみるのが賢明かもしれませんね。

まとめ

以上、佐々木蔵之介さんのキスシーン、歴代彼女について紹介しました。

これまで歴代彼女として上がった女性ですが、どの方もデマとして流されていたので、もしかすると恋愛経験がないのかもしれません。

するとキスシーンが下手として話題となっていることと辻褄が合いますね。

 

イケメン俳優として活躍する佐々木蔵之介さんの苦手なシーンがわかりましたね。

誰でも苦手なことはあると思うので、キスシーン以外のカッコイイシーンを中心に視聴すると良いですね。

今後もキスシーンがあると思いますが、それ以外の演技力などに目を向けて楽しむと良いですね!



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。