近藤サトの子供が通う学校はどこ?

この記事は3分で読めます

フリーアナウンサーとして活躍する近藤サトさん。

元旦那を巡って騒動となっていただけに、近藤サトさんの子供がどこの学校に通っているのか気になりますね。

母親の問題を抱えたまま学校に通うのはとても複雑な気持ちだったのでしょう。

 

2018年2月に亡くなった元旦那、歌舞伎役者の板東三津五郎さんと不倫して結婚した近藤サトさん。

その後、板東三津五郎さんと離婚して一般男性の方と再婚。

息子1人の3人家族で過ごしています。


元旦那である板東三津五郎さんと離婚後、再婚して長男1人を授かった近藤サトさん。

しかし現在の旦那さんとは別居しているという情報もあります。

そこで子供が通っている学校がどこなのか、旦那さんとの別居の事実について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

近藤サトの子供が通う学校はどこ?

一般男性の方と結婚した近藤サトさん。

実はこちらの一般男性ですが、イベント企画会社の社長を務める代表取締役の方だそう。

名前は今岡寛和さんでイベント企画で知り合ったことがきっかけだそう。

 

近藤サトさんと今岡寛和さんとの間に生まれた息子さん。

2004年生まれで現在14歳の中学生。

思春期真っ只中の元気な学生ですね。

 

近藤サトさんの息子さんが通う学校ですが、芸能人の子供も通うほど有名な青山学院中等部と言われています。

幼稚園から大学までの一貫連携教育で優秀でないと入学することができない難関校でもあります。

フリーアナウンサーとイベント企画会社社長の子供ですから勉強もできるのでしょう。

 

また、青山学院中等部は私立学校であるため授業料などかなりの高額であると知られていますね。

裕福な家庭の子供が通うイメージの強い学校ですが、近藤サトさんの子供ですから違和感はありませんね。

芸能人の子供って裕福な家庭で育つ方が多いので私立学校に通っていると聞いても不思議ではありませんね。

 

近藤サトの子供が障害という噂は本当?

現在中学生として学校に通っている近藤サトさんの息子さん。

しかし、ネットでは近藤サトさんの子供が障害を持っているという噂があります。

この噂が事実なのかどうかについてですが、そのような情報は一切ありませんでした。

 

どこからこのような噂が流れてくるのかは不明ですが、青山学院中等部に通っていることから障害を持っていることはありえませんね。

むしろ頭が良いくらいなのでデマ情報であることが一目瞭然ですね。

このような噂が立ってしまう芸能人の方は大変でしょう・・・。

 

近藤サトと今岡寛和が別居?

3人家族で幸せな家庭を築いてきた近藤サトさんと今岡寛和さん。

ですが、現在お二人が別居しているとの情報が話題となっています。

 

今岡寛和さんと結婚後、近藤サトさんは元々住んでいた今岡寛和さんの自宅マンションで一緒に暮らし始めました。

子供1人も生まれたことで賑やかな家庭であったことは間違いないでしょう。

楽しい日々を過ごしていたのが想像できます。

 

ですが、2015年をきっかけに今岡寛和さんが自宅マンションから居なくなりました。

その後、近藤サトさんも離れお二人は別居するかたちに。

子供は近藤サトさんと一緒に暮らしているそう。

 

現在、今岡寛和さんは東京ミッドタウンで暮らしているそう。

近藤サトさんは子供と二人で渋谷区の高級マンションで一緒に過ごしているようです。

別居するきっかけとなった原因はわかりませんが、2015年に夫婦の間に亀裂が入ったことは確かなようです。

 

けれど今岡寛和さんは今でも子供に会いに行くそうで完全に仲が悪いわけではないようです。

一緒に生活することに不満があったのでしょうか。

なんにせよ、子供が何より辛いですね。

また3人で一緒に暮らせる日がくると良いですね。

 

まとめ

以上、近藤サトさんの子供が通う学校について、今岡寛和さんとの別居について紹介しました。

・近藤サトさんの子供は青山学院中等部に通っている

・障害という噂は全くのデマ情報

・別居していることは事実だが、今でも子供には会いに行っている

 

近藤サトさんの子供が優秀であることが判明しましたね。

さすが芸能人の子供でしょうか、才能を持っていますね。

今後も青山学院として大学まで通うのでしょうか。

 

今岡寛和さんとの別居が事実なのは残念ですね。

夫婦関係が上手くいかなくなった原因はわかりませんが1日でも早く一緒に暮らせると良いですね。

また幸せな家庭が築けることを願っています!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。