藤井美菜の韓国語の勉強方法が凄い!韓国でも人気の理由とは?

この記事は3分で読めます

女優として数々のドラマや映画に出演する藤井美菜さん。

『冬のソナタ』を字幕なしで観たいと思い韓国語を学び始めたそうで、その勉強方法が凄いと話題になっています。

 

『冬のソナタ』といえば、ペ・ヨンジュンこそ「ヨン様」として日本でもブームとなりました。

韓国ブームのきかっけにもなるほど有名な韓国ドラマですね。

字幕なしで観るわけですから相当勉強しないと難しいですね。

 

今では韓国語を話すことはもちろん、読み書きも達者なようで身に着けたといっても良いでしょう。

韓国語をマスターした藤井美菜さんの勉強方法がどのようなものだったのか紹介していきます。

スポンサーリンク


 

藤井美菜の韓国語の勉強方法が凄い!

女優として活躍する藤井美菜さん。

韓国語をマスターしたことで韓国でも活動しており、今では日本より韓国での人気が高いようです。

韓国ドラマ『冬のソナタ』を字幕なしで観ることを目標に学び始めた藤井美菜さん。

韓国語の勉強方法が凄いと話題になっていますが、どのようなものだったのでしょう。

 

大学に通いながら第二外国語として韓国語を学び始めた藤井美菜さん。

学生の頃から少しずつ勉強していたそうです。

学生であったので時間をかけて勉強していたことは間違いないでしょう。

 

藤井美菜さんの韓国語の勉強方法について具体的にはわかりませんが、相当な努力をしたことは間違いないと断言できます。

韓国語はハングル文字となっているため、発音はできても読み書きを習得するには難儀とされています。

知らない人からすれば全て同じ文字にみえますよね(笑)

 

韓国語の教材を何度も読み返してはノートに書き続けたことでしょう。

基礎を身につけないことには先に進まないのでひたすら練習したのだろう。

英語でも身につけるのに難しいことなので韓国語もかなり難しいのではないでしょうか。

 

また、藤井美菜さんは韓国でも活躍しているわけですから、実際に韓国で過ごしたり台本を読むことも多いので慣れることで覚えたのでしょう。

留学するような感覚ですね。

やはり現地で過ごすと自然と身につきそうなイメージがありますね。

 

今では韓国語をペラペラと話す藤井美菜さん。

ひたすら韓国語と向き合ってきたことは間違いないでしょう。

時間をかけて勉強してきたのは素直に凄いですね!

 

藤井美菜が韓国でも人気の理由は?

日本で女優として活躍する藤井美菜さんですが、実は韓国で活動することが多く日本より韓国から人気が高いとされています。

映画『デスノート』やドラマ『美しい隣人』など話題作に出演しています。

しかし、韓国バラエティー番組『私たち結婚しました 世界版』をきっかけに注目が集まりました。

 

映画やドラマに出演する藤井美菜さんですが、知名度としてはそこまで高くないと言われています。

しかし、韓国ではかなりの人気女優として評判高いそう。

日本と韓国で活躍できる実力を持つ女優さんってなかなかいないので素晴らしいですね!

 

ここまで韓国で人気とされる理由ですが、韓国番組『ようこそ、韓国は初めてだよね?』に出演したことがきっかけのようです。

韓国の有名人が友人を韓国に招待することで一緒に旅行するという番組で、韓国でも人気の番組となっています。

 

藤井美菜さんはMCの代役を務めることになり、番組を担当したそう。

藤井美菜さんが出演した際には韓国でのSNSで話題となりました。

 

「凄くキレイな方だ!」

「美しすぎる・・・」

「韓国での女優ならトップ3に入るレベル」

など絶賛の声があがったほど。

韓国で一躍注目となり、藤井美菜さんの知名度が急上昇しました。

 

番組に出演する以前から韓国で活動していたのですが、MCをきっかけに人気となりました。

日本の女優としてもかなりキレイで素敵な方なので韓国の方に評判なのも納得ですね!

 

まとめ

以上、藤井美菜さんの韓国語の勉強方法や韓国での人気の理由について紹介しました。

 

・韓国語の勉強方法の詳細は不明だが、相当な努力をしたことは間違いない

・何度も読み書きや練習を行い、現地で直接学んでいたことが大きい

・『ようこそ、韓国は初めてだよね?』でMCを務めたことで一躍有名になる

 

日本と韓国の両国で活躍する藤井美菜さん。

今後ますます注目されそうな女優さんの一人ですね。

これからも注目していきたいですね!

スポンサーリンク


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。