齋藤飛鳥の性格は優しい?変わったきっかけとは?

この記事は3分で読めます

乃木坂46のメンバーでセンターとしても活躍する齋藤飛鳥さん。

可愛くてアイドルとしても人気が高いですが、性格が優しいのか気になりますよね。

乃木坂46でもかなりの知名度で、キレイな方なので性格が優しいのか悪いのかわかりませんよね。

 

乃木坂46では「十福神」の一人として選ばれたり、15thシングル「裸足でSummer」のセンターを務めたりと人気急上昇中の齋藤飛鳥さん。

テレビドラマ『少女のみる夢』では初の主演を務めるなどアイドルだけでなく、女優としても活躍しています。

今や注目度が高いアイドルとして期待されています。

 

これほど注目されるようになった齋藤飛鳥さん。

可愛い女性ほど性格は悪いとよく耳にしますから優しいのかどうかエピソードと合わせて紹介していきます。

また、性格が変わったとされる噂についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク


 

齋藤飛鳥の性格は優しい?

乃木坂46の次期エースともされる齋藤飛鳥さん

一見落ち着いた印象で清楚な雰囲気がありますが、性格は優しいのでしょうか。

 

齋藤飛鳥さんの性格についてですが、悪そうに見えるが優しい心をしっかり持った女性です。

というのも齋藤飛鳥さんは番組内やコンサートで爆弾発言をすることが多く、「ドSキャラ」と認定されています。

これがきっかけで「齋藤飛鳥は性格が悪い」と噂されていたりします。

 

乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』で同じメンバーである伊藤万理華さんをあざ笑ったり、「くそつまらない。誰が満足するの?」など批判したりしていました。

また、コンサートでは「どうせクリスマスの時期にはお前ら一緒に過ごす相手いないでしょ?」などファンを思いっきり罵倒していました。

これだけ見るとなかり性格の悪い方だと認識できますね。

 

ですがファンの方々は

「ドSの飛鳥最高!」

「今日も絶好調だね!」

「ありがとうございます!」

などアイドルとしてのキャラだと認識して応援しています。

表ではこのような罵倒や批判を発言したりしていますが、齋藤飛鳥さん本人はこのように語っていました。

 

「乃木坂46として活動していくにはライバルとして競争心を持つことは大事ですし努力していかないといけませんが、何よりもメンバーやファンの皆さんとうまくやっていく気持ちも凄く大切なことだと思っています。」

 

ちゃんとメンバーやファンの方たちを思っていることが伝わってきますね。

メンバーやファンと良いバランスで繋がっているからこそ齋藤飛鳥さんも本気で活動できるのでしょう。

信頼し合う関係って素敵ですね。

 

斎藤飛鳥の性格は変わった?

センターとして活躍するほど人気の高い齋藤飛鳥さん。

ですが、齋藤飛鳥さんは元々ネガティブでマイナス思考が強かったと語っていました。

 

「他人から「暗いね」と言われたりすることが多く、顔も万人受けしないと思いますし、何より根っからのアイドルではないんですよ。」

このように語る齋藤飛鳥さん。

否定的でネガティブだとわかりやすいですね。

 

また、15thシングル「裸足でSummer」でセンターに抜擢された際にはこのように語っていました。

「(センターとして名前が呼ばれたとき)なんで私がセンターなんだろう・・・」

本来であれば、凄く喜ばしいことでありますが何故自分がセンターなのか疑問に思ってしまったそう。

 

「やめようとも考えた」「次世代と呼ばれることが嫌だった」とも語っており、アイドルでありながら非常にネガティブだったようです。

ですが、今となっては自信もって活動しており番組内でも積極的に発言しているようです。

 

変わったきっかけはやはりセンターを経験したことが大きく、責任感を強く持てるようになったそう。

ネガティブ思考からポジティブ思考への変わり始めた齋藤飛鳥さん。

ファンとしても良い方向に変わったことは素直に嬉しいとコメントしているので、今後も活躍が期待できそうですね。

 

まとめ

以上、齋藤飛鳥さんの性格について紹介しました。

 

・性格は悪いと噂されているが「ドSキャラ」として認識されている

・メンバーやファンのことを大切に想って活動を続けたい

・センターを担当したことでポジティブ思考に変わった

 

性格が悪いと噂されている齋藤飛鳥さんですが、優しい心を持った女性であることは間違いないですね。

ポジティブ思考へと変わることができたことも素直に嬉しいですし、今後も活躍していって欲しいですね。

これからも目が離せませんね!

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。