常盤貴子と松本人志との破局理由が驚き!熱愛事情が凄かった!

この記事は3分で読めます

女優として数々の作品に出演する常盤貴子さん。

そんな常盤貴子さんとダウンタウンの松本人志さんが破局したことが明らかとなっています。

破局理由とは何なのでしょうか。

 

これまで数々の主演女優賞を受賞するほどの大物女優の常盤貴子さん。

ドマラ『最後の恋』や『ビューテフルライフ』、映画『赤い月』などの話題作に出演することで注目を集めてきました。

「連ドラの女王」と呼ばれるほどヒット作を生み出してきました。

 

そんな連ドラの女王である常盤貴子さんがダウンタウンの松本人志さんと破局したことが話題となりました。

破局した理由が気になりますね。

そこで常盤貴子さんと松本人志さんとの破局理由や熱愛に関する情報について紹介していきます。

スポンサーリンク


 

常盤貴子と松本人志の熱愛報道とは?

常盤貴子さんと松本人志さんの熱愛は当時物凄い反響が大きかったですね。

大物女優と大物芸人の熱愛ですから注目が集まるのも当然ですね。

5年以上もお付き合いしていたとのことで結婚も時間の問題として話題となっていました。

常盤貴子さんと松本人志さんとの熱愛事情がどのようなものだったのか振り合えってみましょう。

 

常盤貴子と松本人志との馴れ初めは?

常盤貴子さんと松本人志さんが出会ったのは1993年に放送されていた深夜番組『殿様のフェロモン』にて共演したのが始まりでした。

お互い関西出身であり、趣味の映画が同じということで意気投合。

この出会いがきっかけで1995年に写真週刊誌FRYDAYにてスクープ写真として載せられました。

 

FRYDAYによると、松本人志さんが常盤貴子さんの自宅マンションの裏手通用口から入るところを写真に撮られていました。

正面入り口からではなく裏口から入るあたり怪しい行動ですね。

松本人志さんらしい慎重な性格が出ていますね。

 

吉本興業としても「プライベートなのでコメントは控えさせて頂きます」と回答。

しかし常盤貴子さんの所属事務所は「最近は忙しいこともあり、あまり会ってはいません。私にとって松本さんはお笑い業界のピカソ的な存在でとても楽しい人です。けれどもプライベートの面ではもう少し慎むようにして欲しいと思っています」とコメントしていました。

 

このようにコメントするのは、当時松本人志さんは女性がとにかく好きで他の女性と遊んでいたそう。

常盤貴子さんとお付き合いしているにも関わらずファンの女性を「隠しマンション」への誘って一緒に過ごしていたとのこと。

当時の松本人志さんは遊び人として色んな女性と過ごしていたようですね。

 

ですが、常盤貴子さんとしては松本人志さんに夢中であったので気にもしていなかったそう。

そのような関係でも5年ほど長くお付き合いしていました。

 

常盤貴子と松本人志との破局理由とは?

5年もの交際期間を続けていた常盤貴子さんと松本人志さん。

世間でも結婚するのは秒読みとされるほど期待が膨らんでいました。

 

ですが破局したことが明らかとなり、今ではお互い別の方と結婚されています。

5年もの交際を続けていたにも関わらず破局したのは驚きですね。

破局理由とはどのようなことが原因だったのでしょう。

 

破局理由の原因は松本人志さんの女癖です。

当時から他の女性と遊んでいた松本人志さんですが、目をつぶってやり過ごしていた常盤貴子さん。

いずれ女癖も治るのだろうと思っていたのでしょう。

 

ですが5年ほど経っても今だに女癖が悪く、スキャンダルが多い松本人志さんに呆れたのでしょう。

恋愛の熱と共に冷めてしまったのです。

別れを切り出したのも常盤貴子さんからだとされているので間違いないでしょう。

 

付き合っているにも関わらず他の女性と遊ぶって普通に嫌な気持ちになりますよね。

もう少し女癖が良くなっていたらお二人は結婚していたでしょうに。

破局理由は松本人志さんが原因だったようです。

 

まとめ

以上、常盤貴子さんと松本人志さんとの破局理由や熱愛事情について紹介しました。

・馴れ初めは1993年の『殿様のフェロモン』で共演したことがきっかけ

・常盤貴子さんと松本人志さんは5年以上の交際期間があり結婚間近でもあった

・破局理由は松本人志さんの女癖が悪いことが原因

 

5年もの交際期間があったのにも関わらず破局したのは常盤貴子さんにとって辛い決断だったのでしょう。

女癖ももう少し抑えて欲しいところですね。

今となっては過去のことですがお二人が結婚したという幸せな報告を聞きたかったですね。

 

スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。