ガキ使のタイキック様とは誰?実はとんでもない人物だった?

この記事は1分で読めます

年末に毎年放送される人気バラエティ番組『ガキの使いやあらへんで』

お仕置きの1つとしてタイキックがあり、ココリコの田中さんが毎回受けていますね。

そこで気になるのがタイキック様とも言われるこの方はどのような人物なのでしょう。

 

「田中タイキック」として毎回登場するタイキック様。

受けたあとには痛みで動けないほど苦しんでいますね。

相当なキック力を持つ方なのでしょう。

そこでガキ使に登場するタイキック様とはどのような人物なのか紹介していきます。

 

スポンサーリンク


 

ガキ使に登場するタイキック様とは誰?

「田中タイキック」として登場するタイキック様。

恰好もムエタイ選手のようにも見えますがどのような方なのでしょう。

 

名前:ハーカム・ナロンパット

リングネーム:トースー・ナ・ノンタチャイ

ニックネーム:SO(ソー)

年齢:45歳前後

職業:ムエタイジムトレーナー

トレーナー歴:約30年

 

ウエタイトレーナーとして活動するハーカムさん。

30年以上の経験者とのことなのであのキック力も納得ですね。

 

また、過去には「ラジャダムヌンススタジアム」という試合において見事1位を獲得した経歴もあるとのこと。

ムエタイの試合は200戦以上も戦ってきた実力者。

ガキ使で登場するタイキック様とは超一流のムエタイ選手だったのです!

 

加減して蹴っているとは思いますが、威力を抑えてあの痛みですから。

本気で蹴ったりしたら飛んで行ってしまうのでは・・・というより放送事故ですね。

 

ハーカムさんも毎年登場してくださることですから楽しんでいるのでしょうか。

もうガキ使のレギュラーとして登場しているようなものですね。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。