消えた天才 松井秀喜が打てなかった天才投手とは誰?

この記事は3分で読めます

1月3日に放送された「消えた天才」新春3時間SPで元ヤンキースとして活躍した松井秀喜さんが出演しました。

中学時代に唯一打てなかった天才投手がいたとしてその存在を明かしました。

 

現在はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーとして活躍する松井秀喜さん。

プロ野球選手として「ゴジラ」と呼ばれるほどの長距離打者で国民栄誉賞を受賞するほどの実力者ですね。

 

そんな松井秀喜さんが中学時代に唯一打てなかった天才投手とはどのような人物なのでしょうか。

また、なぜ消えた姿を消してしまったのでしょう。

松井秀喜さんが唯一打てなかった消えた天才について紹介していきます。

 

スポンサーリンク


 

松井秀喜が中学時代に唯一打てなかった天才投手とは?

松井秀喜さんが中学時代に唯一打つことができなかったとして語る天才投手。

「ゴジラ」の愛称で知られる松井秀喜さんを抑えた投手とはどのような方なのでしょう。

 

その人物とは高校時代に一緒に活躍した山口哲治さんです。

中学は違いましたが、出身高校は同じ星稜高校でした。

実は日本代表にも選ばれており、プロを目指す選手でもありました。

 

山口哲治とは?

山口哲治さんは松井秀喜さんと同じ星稜高校出身で野球部員の一人でした。

当時は野球部のエースピッチャーとしても活躍するほどの実力を持つ方です。

 

出身中学はかほく市立河北台中学校で松井秀喜さんは能美市立根上中学校でした。

そのため試合や大会では何度か戦ったことがあるのでしょう。

その際に一度も打つことができなかったようですね。

 

松井秀喜さんは「山口哲治ほどの投手は他にいない」と語るほど投手としての才能を秘めています。

「ゴジラ」と称されるほどのプロ選手がここまで絶賛するとは相当の選手だったのでしょう。

天才投手として松井秀喜さんが語るほどの選手がなぜ野球から退いたのでしょう。

 

山口哲治が消えた理由とは?

投手としての才能を秘めていた山口哲治さん。

星稜高校のエースでもあった山口哲治さんがなぜ野球から退いたのでしょう。

 

山口哲治さんは松井秀喜さんと同じくプロを志願していました。

プロ志願届を提出したところ、ドラフトから指名されることがなかったのでプロへの道が閉ざされてしまったのです。

 

天才投手でありながら星稜のエースとして活躍していた山口哲治さんが指名されないとは驚きですね。

どれだけ評判が良くてもドラフトから指名されない限りプロにはなれないという厳しい世界。

指名されなかったときの悔しさは計り知れませんね。

 

山口哲治の現在は?

星稜高校を卒業後、神戸製鋼野球部に所属しました。

現在も神戸製鋼で勤務しており、少年野球の監督としても活躍しています。

 

神戸製鋼野球部に所属することで社会人野球からプロを目指していた山口哲治さん。

ですが肩の故障により野球を引退するという決断をしました。

 

今は少年野球の監督としてプロ野球選手候補を育てています。

少年野球に所属する子どもは山口哲治さんの若い頃を知っているのでしょうか。

天才投手が監督であればプロ選手になる子どももいるでしょうね。

 

約8年間プロを目指すべく野球を続けていただけに辛い決断だったでしょう。

山口哲治さんが消えた理由は肩を故障という怪我の影響が大きいようです。

 

まとめ

以上、松井秀喜さんが中学時代に一度も打てなかった天才投手について紹介しました。

・天才投手は山口哲治さんで、星稜高校のエースピッチャーとして活躍

・プロ志願届を提出するもドラフトから指名されることがなかった

・神戸製鋼野球部としてプロを目指すも肩の故障により引退

 

中学時代とはいえ、あの「ゴジラ」と知られる松井秀喜さんを抑えた山口哲治さんは相当な実力の持ち主だったようですね。

松井秀喜さんも絶賛するほどなのでプロ選手でないのが不思議なくらいです。

もし松井秀喜さんと同じプロ野球で活躍していたならどのように活躍していたのでしょう。

 

高校を卒業して以来、同じ野球でも土俵が変わってしまったお二人。

今となっては監督で活躍していますが、いつか再びお二人が一緒に野球する機会があると良いですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。